DIY

自撮り棒が禁止されている場所もある!リモートシャッターがオススメ!

自撮り棒は、一人だけでも友達と一緒に写真を撮るときに便利ですよね。でも、人にぶつかったり、危険だという理由から持ち込みが禁止されている場所も増えてきました。それでもやっぱりセルフィーが撮りたい!という人にオススメなのが、リモートシャッターです。リモートシャッターがあれば、自撮り棒がなくても写真が撮りやすいですよ!

自撮り棒は便利だけれど…

自撮り棒を持ちながら歩いていて怪我をしたとか、人にぶつかって怪我をさせてしまったなんて話を聞いたことはありませんか?実際に自撮り棒に夢中になって、踏み外してホームから落ちてしまったり、死亡事故までおきてしまっているんです。
そういった理由からか、場所によっては自撮り棒の持ち込みを禁止している場所が増えているんです。
東京ディズニーランドもその一つですし、JR西日本ではホームでの自撮り棒の使用を禁止しています。

ディズニーランドは三脚の持ち込みも禁止

残念ながらディズニーランドは三脚の持ち込みも禁止されています。
自撮り棒も三脚も禁止されているとなるとセルフィーが撮りにくいと言えるかもしれません。
キレイに友達との写真を撮りたいなら、キャストさんに写真を撮ってもらうようにお願いしてしまうのも手ですよ!

三脚が使える場所ならリモートシャッターもいいよ!

写真はダイソーで手に入るリモートシャッター。
iPhone5とiPhone6用ではありますが、1.5mとコードも長いので、スマホを三脚で固定して離れたところから撮影することができます!

使い方は簡単

ダイソーのリモートシャッターはイヤホンジャックに差し込んで黒いボタンを押せば、シャッターがきれるので便利ですよ!

スマホ用の三脚もあると便利

スマホ用の三脚があるともっとセルフィーが撮りやすくなりますよ!

Bluetoothのリモートシャッターもあるよ!

Bluetooth対応のスマホなら、iOSもAndroidも関係なく使えるリモコンシャッターもあります。
コードがないのもいいですね!

リモートシャッターならこんな写真も

後ろ姿で写真を撮ることもできちゃうんです。
カッコいい写真が一人でも撮れるなんて嬉しいですね!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota