DIY

飾ってあるだけでもカッコいい!羽根ペンをDIYしてみない?

中世のヨーロッパ貴族が使っていたイメージがある羽根ペン。使ってもオシャレですし、インテリアとして飾っておいてもカッコよく見えます。実は、羽根を手に入れれば、羽根ペンをDIYできちゃうんです。インクにわざわざ付けて使うのはちょっと面倒だと感じるのであればボールペンを活かして作るのもアリですよ!

羽根ペンってカッコいい!

文字を書くときに、ヒラヒラと羽根が揺れる様子が華やかな雰囲気の羽根ペン。
レトロでありながら、高級感もあるステキな文房具です。
使うのももちろん楽しいですし、飾ってあるだけでもステキですよ。

羽根ペンの作り方

まず、羽根を手に入れます。
羽根の根元をカッターで切り出してペン先を作ればOKです。
後はペン先をインクに浸して使うだけです。
動画ではペン先の作り方がよく見えないので、次の項で、ペン先の作り方の例を紹介します。

ペン先の作り方

一例ではありますが、ペン先の切り方を図解したものです。
こんな風に切り込みを入れて、ペン先を作るんですね。
他にもペン先はいろんなカタチがあります。
自分の書きやすいペン先を追求してみるのもいいですよ! また、羽根を使ったペン先は強く書いたり、長く使っていると削れてきてしまうことがあります。
それは羽根ペンの寿命でもあるので、軸に余裕があるのであれば、ペン先を作り直したり、また新たに羽根を購入するのも手ですよ。

羽根を手に入れよう

なかなか羽根を手に入れるのは大変ですよね。
落ちていた羽根を使うのには洗ったりしなくてはいけません。
そこで、気に入った羽根を買ってしまうのも方法ですよ。
手芸品を扱っているお店などでも手に入りますし、珍しい羽根を手に入れたいなら、ネットで購入するのもオススメです。
羽根の専門店Kamatac http://www.jin.ne.jp/k-tac/catalog.html

ボールペンを使って簡単に作るのもアリ!

羽根の軸はやっぱり削れてきてしまうので、できればボールペンを利用して作りたいという人もいます。
ボールペンを使った羽根ペンの作り方を紹介しています。
動画ではボールペンを破壊して芯を取り出していますが、替芯は文房具店などで普通に手に入るので、そういったものを利用した方が無駄はないですよ!

ボールペンでもこんなカタチで作っている人も

もっとオシャレにしたいなら、こんな方法もあります。
動画では羽根部分がクルクルと回っているので、グルーガンなどで固定してもいいかもしれませんね。
リボンも接着剤などでしっかり固定した方が滑らないのでオススメです。

まとめ

羽根ペンは華やかさも人気で、ステキな物がたくさん販売もされています。
机の上に置いてあると、実用性だけでなく美しい雰囲気にもなります。
ぜひ、羽根ペンをインテリアに取り入れてみませんか?
Share:
yukota