DIY

ベトベトになった古いマステが復活!テープ跡がキレイに取れる裏ワザも♡

何度でも貼り直しができることも人気のマスキングテープ。でもやっぱり長い時間置いておくと、経年劣化と言っても良いのかもしれませんが、粘着面がベトベトになってきちゃうことがあるんです。捨てちゃうのはもったいないですし、また使えるようにするための策があるのを知っていますか?古くなったマスキングテープを復活させちゃいましょう!

マスキングテープがベトベトに…

最近のマスキングテープはどんどん進化をしていて、何度も貼り直すことができますし、痕が残らない物が増えています。
しかし、商品によっては、熱や経年劣化によって糊が溶けてしまって、ベタベタになったり痕が残ることがあるんです。
そうなったらもう使えない…と諦めてしまうのはちょっともったいないですよね。
実は、復活させる技があるんですよ!

冷蔵庫で冷やすだけ

方法は簡単。
冷蔵庫で冷やすだけです。
熱で溶けてしまった糊が固まってまた使えるようになるんだそうです。
ベトベトになってしまったマスキングテープがあったら冷蔵庫に入れてみましょう。
使うときには試しに目立たない場所などに使ってみて、痕が残らないか、ベトベトしないかと確認して使ってくださいね。

痕が付いてしまうとマズイものには貼らない

劣化してしまった物は復活させたとしても、また痕が残るようになってしまう可能性があります。
痕が付いてしまうとマズイものには貼らないようにしておくほうが無難です。
使いきりで剥がす予定のないものなどに活用してみてはいかがでしょうか?

痕が残った糊を取る方法ってある?

シールやテープの糊の痕を消すには、消しゴムで消す方法もあります。
ただし、消しゴムでこすり過ぎると元の部分が変色、変質してしまう場合があるので、注意して行ってくださいね。

オイルでも取れやすい

ジッポオイルを染み込ませたティッシュやタオルなどで拭き取ると、テープの痕も取れるそうです。
ただし、オイルなため木製や布などに使うと色が変わってしまう可能性もあります。
目立たない場所で試してみてから使ってくださいね。

ドライヤーで温める

ドライヤーでキレイにするのもいいですよ。
糊の痕をドライヤーでしっかりと温めて、ティッシュで拭き取ると痕が取れます。
温めることによって、元々の土台になっていたものが変色してしまったりしないように、気をつけてくださいね。
何度でも貼り直しができると言われているマスキングテープですが、商品や状況によっては痕が残ってしまうこともあり得ます。
ぜひ、痕を消す方法を知っておくことはもちろん、定期的に糊が劣化していないかチェックしておくと良いですよ。
Share:
yukota