DIY

スタバの紙袋が財布にブックカバーに大変身!おすすめリメイクと活用アイディア6選

身近なコーヒーショップであるStarbucks Coffee(スターバックスコーヒー)のロゴは、緑が基調になっているシックなデザイン。そんなスタバのおしゃれな紙袋をリメイクして、いろいろな雑貨を手作りできるのをご存知ですか?特別なものは何も必要ありません。ハサミや接着剤があればOK。おしゃれなデザインのスタバ紙袋を使ったおすすめリメイクと活用アイデアをご紹介します。

デザインがおしゃれなスタバのショッパー

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)は、アメリカ発の有名コーヒーショップ。
日本に上陸以来、今も変わらず人気を保っています。
フラペチーノや季節限定のコーヒーはいつも話題で、販売されると「ついつい店頭に並んでしまう」そんな方も多いですよね。
味もさることながら、大きなロゴマークの入った茶色い紙袋のショップバッグやカップのデザインもおしゃれ。
よく見る茶色に緑色のロゴが入ったシンプルなデザインの他に、季節やイベントなどによってデザインが異なる紙袋が何種類もあるのもコレクター心をくすぐります。
持ち歩いていてもおしゃれで、テイクアウトなら必ず紙袋を頼んでしまいますよね。
私の周りにも、期間限定の紙袋が出るたびゲットしているコレクターがいます。

スタバのショッパーをリメイク

そんな人気のスタバの紙袋をリメイクして、いろいろなものを作るのが流行中。
紙袋として使いみちを工夫する方法、紙袋をまったく違うもの(ブックカバーや財布など)にリメイクする方法と、いろいろな活用アイディアが生まれています。
今日は、その中から絶対マネしたいおすすめのリメイクアイディアをご紹介します。

#1 実用的なペーパーウォレット

スタバのショッパーをリメイクしたペーパーウォレットは、紙幣もカード類もたくさん収納することができます。
かなり実用的で持ち歩いて使っている人も意外に多いんですよ。
こちらの動画を参考にして、さっそくペーパーウォレットをDIYしてみましょう。
特別な道具は何も必要なく、身近にあるもので手作りできます。
紙袋もコーヒーをテイクアウトしたときについてくるものを使えば材料費はなんと0円。
ハサミを使って紙袋を広げ、取っ手の部分を切りとったら、あとは折り紙のように折ってのりで接着するだけ。
とっても簡単で早い人なら10分程度で手作りできます。

カード収納部分は後付けなので、入れたいカードの枚数分だけ自由に増やせるのがポイント。
さらに、小銭入れも増設できますよ。
自分が使いやすいようなデザインでDIYしましょう。

#2 いろいろなデザインで作りたいブックカバー

準備するのはスタバに紙袋とハサミだけ。
まずは紙袋を丁寧に開きます。
開いたら、本のサイズより少し大きめにカット。
本のサイズに合わせて丁寧に折ったら本に被せてでき上がり!あっという間にオリジナルブックカバーの完成です。
スタバ以外にも気に入った紙袋があれば応用できますよ。

#3 ティッシュボックスも簡単

作り方はとても簡単。
紙袋を丁寧に開いたら、ティッシュを箱包みにしていきます。
底と側面をペタっとテープで貼ってラッピング。
ティッシュの裏側でテープを貼りつけるようにしてくださいね。
あとはティッシュの取り出し口になる切り込みをカッターで入れるだけ。
簡単ですね。
写真のようにリボンでデコレーションすると、まったく違った雰囲気になりますね。
次のページを読む
1 2
Share: