インテリア

七夕パーティーにぴったり♪浴衣姿の爪楊枝入れを和柄折り紙で作ろう

七夕パーティーを開く時に、せっかくだからテーブルの上を和なイメージでセッティングしませんか?そんな時、100均でも手に入る和柄折り紙を使用して、イキな爪楊枝入れを作ったら素敵じゃないですか?とっても簡単なので、いっぱい作っちゃうこと間違いなし!実際使わなくても、テーブルの上を素敵にデコレーションできちゃいますよ!

このハンドメイドに必要な材料

  • 和柄折り紙(数枚)
  • 爪楊枝(数本)

このハンドメイドに必要な工具

  • ノリ(1本)
  • ハサミ(1本)

①6等分にカットして胴体部分を作る

1枚の折り紙を、6等分に折り目を付けてカット。

②別柄の折り紙で襟部分を作る

等分に分けた1枚と同じ長さで、細目の幅にカット。
これが襟部分になります。
横に折って、胴体部分の上に被せる。
しっかり糊付けしておきます。

③爪楊枝に着せる。

爪楊枝に浴衣を着せるように、胴体部分の真ん中に爪楊枝を置いて右側から重ねて折る。
もう一度折ったら、一番上にきた折り紙の下の方を斜めにカット。

④帯部分を作る

襟部分と同じくらいの長さで、胴体に巻き付けた時に帯のようになるような縦幅でカット。
これを胴体部分に巻き付けて、糊付けします。
これで完成! 折り紙の柄は、いろいろな組み合わせで作ってみて下さいね!
次のページを読む
1 2
Share: