DIY

もう失敗しない!フリーザーペーパーを使えば布ステンシルが簡単だよ!

ステンシルをするときに、色を付けるためにトントンしている間に型紙がズレてきて失敗してしまったことはありませんか?特に布はヨレやすいですし、きちんと固定したはずなのに…という経験をした人も多いはず!そこで、フリーザーペーパーを使ってみてはいかがでしょう?型紙をアイロンでくっつけることができて、簡単に剥がせますよ!

フリーザーペーパーって?

元々は食品を冷凍する時に、乾燥から守るなど食品を保護するために使われているアイテムだったのですが、アイロンを当てると仮接着ができるので、クラフトマンたちに「便利!」と愛用されるようになったのだとか。
インターネットなどで購入ができるので、「フリーザーペーパー」で検索してみてくださいね。

フリーザーペーパーはアイロンで仮接着ができる!

フリーザーペーパーはツルツルした面を布面に当てて、上からアイロンを掛けると接着することができます。
接着と言っても剥がせるので、仮接着という方が正確かもしれませんね。
型紙がズレる心配がなくなるので、多くのクラフトマンたちがステンシルに活用しているんですよ。
Tシャツやトートバッグなどに使えるので、ちょっとシンプルすぎるかな?と思う布製品に試してみてくださいね!

実際どんな風にステンシルをしているの?

型紙をフリーザーペーパーで作り、アイロンで貼り付けステンシルをして、乾いたらフリーザーペーパーを剥がして完成です。
これならオリジナルの型紙も気軽に作れそうですね。
ツルツルしている方を布地面に当ててアイロンを上からかけるので、下絵などはツルツルしていない方に描かなくてはいけません。
ツルツルした方に下絵を描いてしまうと反転することになるので、注意してくださいね。

100均にもステンシル用のシートがある

ステンシルのシートは100均でも販売しています。
でも、これだとみんなと同じフォントやデザインになってしまう可能性もあります。
だからこそ、フリーザーペーパーでオリジナルのステンシル型紙を作りたいと思う人もいるみたいですよ!

カラーごとに型紙を用意すれば…

こんなにカワイイステンシルだってできちゃいます。
白い模様部分と黒い模様部分で型を変えるのも、フリーザーペーパーならズレにくいので、キレイにステンシルができそうですね。

型は繰り返して使えるみたい!

同じ柄のアイテムを作りたい時に役立つステンシルですから、フリーザーペーパーの型も何度も使えないと困りますよね。
限界はもちろんあるとは思いますが、アイロンで何度も貼り付けて使えるようです。
アイロンが汚れてしまうので、繰り返し使う時はインクがしっかり乾いているのを確認して使ってくださいね。

プレゼントにオリジナルのステンシルはいかが?

フリーザーペーパーを使って型を作れば、オリジナルのステンシルをしたアイテムをプレゼントにすることもできますね。
とってもステキです! いかがでしょうか?布製品がヨレてしまったり、型がズレたりしてステンシルに失敗してしまっていた人も、フリーザーペーパーを使えば失敗も格段に減りそうですよね。
ぜひチャレンジしてみてください!
Share:
yukota