DIY

おしゃれなカフェで見かける「コーヒードリップスタンド」のDIYアイディア5選

最近はコーヒー人気が定着し、自宅で本格的に楽しむ人も増えていますよね。そんなおうちカフェを楽しむあなたなら、おしゃれなカフェでよく見かける「ドリップスタンド」が欲しくありませんか?もちろんカッコいいデザインの商品も販売されていますが、やっぱりお値段もお高い…。となればDIYですね!100円ショップで手に入る材料を使って、オリジナルのドリップスタンドを作るのも楽しいですよ。今回は、ドリップスタンドDIYのアイデアをご紹介します。

コーヒードリップスタンドって?

ドリップスタンドは簡単に言うと、コーヒーをペーパードリップする時にドリッパーを置くためのスタンドで、下にカップやサーバーが置けるようになっています。
おしゃれなカフェや専門店で見かけることが多いのですが、フィルターから落ちていくコーヒーを見ているだけで落ち着いた気分になるのが不思議。
また、テーブルにさり気なく置いておくだけでカッコいいインテリアになります。

カップに直接ドリッパーを乗せればよくない?

ドリップスタンドがなくてもコーヒーは淹れられる、確かにその通り。
自宅でコーヒーを淹れる時は、ほとんどの方がカップに直接ドリッパーを載せていると思います。

でも、私も経験があるのですが、ついついお湯を入れ過ぎてマグカップから溢れてしまったことはありませんか?だから、気になって何度もドリッパーを外して確認してしまうんです…。
ドリップスタンドを使用するとカップとドリッパーの間に空間ができ、どれくらいまでコーヒーがカップに入っているのか確認できてとても便利。
そして何よりおしゃれに見えますよ。

買ったものもステキだけれど…

市販のドリップスタンドはいろいろなデザインのものがあり、もちろん購入もできます。
でも、ちょっとお値段が高かったり、好みのデザインではなかったり、なかなか「買おう!」と思えるものが見つからないことも…。

そんなあなたにおすすめなのがドリップスタンドのDIY。
100均グッズで自作できてしまうんです。
自作のドリップスタンドならお好みに応じてアレンジできますし、愛着も湧きます。

DIYする前に確認しておこう!

DIYの前に必ず確認しておかなければいけないことがあります。
それは、ドリッパーの形とサーバーの高さ。

まずいちばんにドリッパーの形を確認しましょう。
ただの円錐状のドリッパーなのか、土台が付いていて自立するものなのか、取っ手が付いているのかいないのか…。
一言でドリッパーといっても様々な形があるので、ドリッパーが安定する形状と幅を確認してから作りましょう。

また、コーヒーをサーバーで受けるのか、マグカップで受けるのかによってドリップスタンドの高さも調節する必要があります。
実際使うときになって「サーバーが入らない」「高すぎてコーヒーが上手くカップに入らない」なんていう事がないよう、こちらもきちんと確認しておきましょう。

参考にしたいドリップスタンドDIY例

image by PIXTA / 28937747

ウォールラックや木製ボックス、ブックスタンド、L字型の棚受け、パイプ椅子などを使えば短時間でドリップスタンドをDIYできます。
材料のほどんどは100円ショップのダイソーやセリアで手に入れることができますよ。
それでは、参考にしたいDIY例を見ていきましょう。

#1 ブックスタンドを使ったドリップスタンド

こちらはブックスタンドにL字型の棚受けを2本取り付けただけの簡単DIY。
たった2つの材料でドリップスタンドが作れてしまうんですね。

#2 ウォールラックを使って…

こちらはセリアのウォールラックを4つ組み合わせたシンプルなドリップスタンド。
ウォールラックの他には、MDF材とステーと呼ばれる金具を使っています。
こちらも全ての材料が100均で揃うので、とってもローコスト。
次のページを読む
1 2
Share: