DIY

自分でエンボス加工ができちゃう?エンボスパウダーって知ってる?

紙の上に文字や絵などが少しだけ盛り上がっているものを見たことがありませんか?紙などにこのプクッとした立体感を出すことをエンボス加工と言います。このエンボス加工を自分でやってみませんか?最近はDIYできるようにキットなども販売されているんですよ。100均でもエンボスパウダーは販売されているのでチェックしてみてくださいね!

いつものカードをもっとオシャレにしたいなら!

自分で作るカードをもっとオシャレにしたいなら、エンボス加工という方法があります。
写真は年賀状にエンボス加工を施したものです。
プクッと盛り上がった文字がDIYとは思えない仕上がりになっていますね。

エンボス加工の仕方

透明なインクではんこを押し、その上に好みの色のエンボスパウダーを振りかけます。
余分な粉を取り除いたら、エンボス専用ヒーターで温めればOKです。
逆に色付きのインクではんこを押して、クリアのエンボスパウダーをふりかけるのもアリです。
色々試して、好きな色が出るように工夫してみてください!

エンボス加工用のインクパッドもあります!

エンボスをするために押すはんこは、透明ですぐに乾かない物が良いのですが、エンボス加工用にインクパッドも販売されています。
こういったものを手に入れるのもいいですよ!

自分で押したはんこの柄が浮き上がる!

お気に入りのはんこを見つけたら、それをエンボス加工にすることができちゃうなんて嬉しいですよね。
はんこの新しい可能性が見つかりました!

オリジナルにこだわるなら、はんこから作ってもイイネ!

オリジナルにしたいなら、100均でも土台が変える消しゴムはんこから作ってもいいですね。
本当にオリジナルのエンボス加工ができそうです。

エンボス専用ヒーターでなくちゃダメなの?

そんなことはありませんが、ヘアドライヤーなどの風が出るタイプのヒーターはエンボスパウダーが飛んでしまうので使えません。
風が出ないヒーターで温めることができれば、きちんと膨らみますよ。
例えば、以前はホットプレートの上に乗せてふくらませるのが主流だったこともあるそうです。
今もホットプレートやトースターなどを使って加工している人もいますが、くれぐれも火事などには気をつけてくださいね。

エンボスパウダーのカラーも色々あるよ!

エンボスパウダーはカラーも豊富にあります。
キラキラしたゴールドやシルバーなどはやっぱり人気がありますね!100均でも販売していますので、ぜひ探してみてください! いかがでしょうか、いつものカードなどがまるで売り物のような仕上がりになるエンボス加工。
ぜひ試してみてくださいね!
Share:
yukota