DIY

梅雨時でもさわやかに洗濯!ついてしまったにおいの取り方と部屋干しのコツ

雨の降る日が続く梅雨の時期は、お洗濯もお部屋の中で干さなければならない日が多くなります。お部屋に湿った洗濯物を干すと、スッキリとにおいが取れなくて、お気に入りのお洋服に生乾きのにおいがついてしまう…なんてことになりかねません。生乾きのにおいが発生する原因を学んでおけば、きちんとコツを押さえた対策ができますよ。上手に部屋干しをするコツと、お洋服についてしまったにおいの取り方をご紹介します。

梅雨は部屋干しが多くなる…

雨の日が続く梅雨の時期は、お洗濯も室内で干さなければなりません。
部屋干しをする際にいちばん気になるのが、生乾きの洗濯物のにおい。
締め切った室内では湿度が高くなるため、十分に乾き切らないことが原因です。
十分に乾かせば、雑菌の繁殖を押されられますよ。

感覚の広いピンチで通気性をよくする

部屋干しするときは、感覚の広いピンチを使って、服と服の間に隙間をあけることが重要です。
風通しをよくし、蒸発する分の隙間をあけておくことで、湿気が服と服の間にこもらなくなります。

スプレータイプの消臭剤を使い換気をする

リセッシュ 除菌EX 香り残らない 本体 370ml | スプレー | 通販

リセッシュ 除菌EX 香り残らない 本体 370ml | スプレー | 通販

Amazonで見る
さらに、スプレータイプのアルコールの入った消臭剤を使って殺菌。
扇風機を使ってもう一度風を通します。

洗濯機のフタは普段から開けておく

雨や汗でじっとり湿った衣類をすぐ洗わないで洗濯槽に放り込んだままにしていると、洗濯機のなかで酵母が発生しにおいがついてしまいます。
また、洗濯が終わったのに、すぐ干さないで洗濯槽の中に放置していたときも同様です。
洗濯機のフタは普段から開けておくようにし、洋服は洗濯する前後の保管に気をつけるだけでにおいの防止につながります。

においがついてしまった場合は煮洗いで落ちるよ

もし雑菌が発生してしまった場合は、服に強くにおいがしみついてしまいます。
その場合また濡れると雑菌が復活し、なんどもにおいが戻ってきてしまいます。
その雑菌を死滅させるためには、お洋服を煮沸しましょう。
その後お湯を切り脱水して乾かせばスッキリします。
ただし、この方法はデリケートなお洋服には向いていません。

スチームアイロンも有効!

デリケートな生地の洋服や、布が厚く固めの洋服は、スチームアイロンを使って殺菌しましょう。
アルコールスプレーをかけてからスチームを当てていくとスッキリしますよ。
いかがでしたか? 梅雨の日の部屋干しのコツや、ついてしまったにおいの取り方、普段の洗濯機の管理などに気を配っていれば、雨の日がもし続いても対策を練られます。
ぜひ覚えておいて、普段のお洗濯に知識を活用してくださいね。
Share:
yoshiko