DIY

DIYの道具としても優秀なクッキー型!好きなカタチを自分で作ろう!

100均などでもいろいろな形があってカワイイクッキー型。クッキーを作るだけでなく、粘土の型を抜いたり、自作のキャンドルの型として使ってみたり、DIYの道具として活躍してくれるアイテムです。でも、欲しいクッキー型がなかったり、あったとしてもちょっと値段が高かったりしますよね。そこでクッキー型をDIYしてみませんか?

たくさんカワイイクッキー型はあるけれど…

既成品のクッキー型もカワイイ物はたくさんあります。
でも、ちょっと高かったり、こんなのが欲しい!と思っているものはなかなか見つからなかったりします。
もうこうなったら自作するしかありません!

作り方

アルミ板を切ってクッキー型を作っている人は結構多いみたい。
加工のしやすさと、型として使いやすさから、0.2mm~0.3mmぐらいのアルミ板を使っている人が多いみたいです。
参考にしてみてください。
アルミ板は切り口が鋭利になっていることもあるので、怪我をしないように注意しながら作ってくださいね!

アルミ缶を切って作っている人も

アルミ板をわざわざ買ってくるのもなぁ…という人はアルミ缶を使ったクッキー型作りはいかがでしょう?材料費はかなり抑えられますよ! アルミ缶は薄いので、ちょっと力を入れ過ぎると形が簡単に変わってしまいます。
扱いには注意が必要かもしれませんね。
また、こちらもアルミで手を切ったりする人が多いので、作るときにも、使うときにも注意してくださいね!

3Dプリンターでクッキー型をつくる人も

なかなか家に3Dプリンターがあるという人は少ないでしょうが、3Dプリンターでクッキー型を作っている人もいます。
機会があればぜひ挑戦してみたい方法ですね。

好きなキャラクターのクッキー型も作れちゃう

本物の型を買うと高くつきそうな型も、自分で作っちゃえば安上がりです!

試行錯誤しながら作るのも楽しいね!

キレイに型を作るためにサイズの違うパイプを用意したり、ペンチの曲げ方を工夫したり、みんないろいろとチャレンジしています。
苦労して作った型は愛着が湧きそうですね。

クッキー型を使ったDIYももっと楽しめそう

DIY好きな人にとって、クッキー型は欠かせないアイテムの一つだと思います。
自作のキャンドルの型として使ってみたり、クッキー型自体をチャームとして使ってみたり、クッキーを作るだけではない使い方ができる道具ですよね。
その道具を自分の好みのカタチに作れるなんてワクワクしませんか?ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね!
Share:
yukota