インテリア

プチプラリメイク!クッションカバーを使ったトートバッグの作り方♡

クッションカバーってオシャレなデザインのが多いから、「同じデザインでバッグがあればいいのに」と思ったことありますよね!実はクッションカバーってちょっと手を加えるだけでバッグにリメイクできちゃう優秀な素材なんですよ♪今回はクッションカバーを使ったバッグリメイクの方法を紹介するので、ぜひ試してみてください!クッションカバーと持ち手になるバッグハンドルさえあれば簡単に作れます♪

このハンドメイドに必要な材料

  • クッションカバー(ニトリ)(1個)
  • バッグハンドル(60cm×2本)

このハンドメイドに必要な工具

  • ミシン(1台)

作り方を40秒で!

裏返してから両端を縫うことで”底”を作ることができます。
後は口の部分を折り返して、バッグハンドルを付けるだけで完成! 簡単ですね♪

ジッパー付きのものがオススメ!

使うクッションカバーはジッパー付きのものがオススメです。
写真のように口が閉じるから中を覗かれる心配がありません!

クッションカバー選びのコツは?

100均にもクッションカバーは売っていますが、生地が薄いのでちょっと強度不足。
ちょっとだけお金を足してニトリのクッションカバーなどが最適!生地がしっかりしていますし、オシャレなデザインもいっぱいあります♡ クッションカバーの柄に合わせてバッグハンドルを変えてみたり、カタチを工夫すれば子供の学習バッグにも! お気に入りのクッションカバーを見つけたらぜひ試してみてください!
Share:
CRASIA編集部