DIY

100均ゴムとフォークで編めるよ♪可愛いファンルームアクセ作りに挑戦!

輪ゴムでアクセサリーを手作りできる「Fan Loom(ファンルーム)」という遊びが、子供達の間で大流行中!大人から見ても可愛いファンルームアクセを、100均のカラーゴムとフォークを使ってDIYできるんですよ♪びよーんと伸びるので腕輪やアンクレットに最適!透明感が夏らしく、これからの季節のファッションアイテムとして大活躍する予感。安く量産できるので、親子や友達同士でお揃いを身に着けるのも素敵ですよ。

ファンルームアクセを手作りしたい!

「Fan Loom(ファンルーム)」という、輪ゴムを使ったクラフト遊びをご存知ですか? 輪ゴムを専用の器具を使って編み物し、ブレスレットなどのアクセサリーや雑貨作りが楽しめるんです。
最近、ファンルームが小学生を中心とした子供の間だけでなく、大人にも可愛いと大人気! 専用の器具がなくても、ある身近なものを使えば、ファンルームのような雑貨を簡単に手作りできるんです!

実はフォークで作れるよ

実は普通のフォークが、ファンルーム作成のための専用器具の代わりになるんです! どんな家庭にも絶対に1本はあるものですね。
さらに、カラーの輪ゴムは100円ショップでパックになって売っています。
絡まないヘアゴムなら、編み物もスムーズに進みますよ。

こんな風に引っ掛けて編み物しよう

このように、フォークの刃の先に輪ゴムを引っ掛けながら編み物をしていきます。
フォークの柄をどこかに固定すれば、両手が空くので編みやすくなりますよ。

編み方はいろいろ!

輪ゴムを通す順番によって、いろいろな編み方ができます。
こちらは基本の「フィッシュテール」という編み方。
ブレスレット作りによく使う方法です。

カラフルなブレスレットを量産してみよう

使う輪ゴムの色や、色を変えるタイミングを変えるだけで、こんなにデザインの違うブレスレットを手作りすることができます。
安くたくさん作れるので、友達や家族にプレゼントしてお揃いで身に着けるのもおすすめです。

重ね付けするとオシャレ!

半袖になるこの季節は、ファンルームブレスレットでおしゃれしましょう。
腕輪やヘアゴムと一緒に重ね付けして、コーディネートすると可愛いですね♪
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa