DIY

そんなに人気なの?世界に誇る「京都インテリア」を採用したジェット機!

ブラジルの航空機メーカーEmbraer(エンブラエル)は、5,300万ドルする同社の大型ビジネスジェット機「Lineage 1000E」の10周年を記念して、新たな客室のコンセプト「エアシップ京都(Airship Kyoto)」を公開しました。お部屋に京都テイストを入れるとモダンジャパニーズなインテリアになるんですね。世界が注目している「京都インテリア」の人気の秘密に迫ります。

ブラジル製、「京都テイスト」ジェット機

ブラジルの航空機メーカーEmbraer(エンブラエル)が、「Lineage 1000E」の10周年を記念して、新たな客室のコンセプト「エアシップ京都(Airship Kyoto)」を公開しました。
この大きな窓が特徴的で、飛行機とは思えないほどの快適な室内空間を作っているんです。

大公開!ジェット機の室内はこうなっている

飛行機に乗ったことある人なら、この窓のサイズに驚きますよね。
これは、乗客が自然光を浴びながら、眺めを楽しむために作られたんです。

夕焼けも感じる室内

大きな窓があるから、夕焼けも感じることができる室内。
注目したいのは、ウォールステッカー。
京都テイストを出していて、景色に彩りを添えていますね。
窓付近にサクラやウメのウォールステッカーを取り入れると、和のインテリアがぐっと引き立ちますね。

リビングのインテリアは?

ジェット機の室内とは思えないリビングです。
限られたスペースを広く見せる和テイストのポイントは、白と茶色の色使いにあります。
上品な茶色と白の組み合わせは、奥行きを作りリラックスできる雰囲気が作れるんです。
お家のリビングにも取り入れたいですね。

床座りも採用されています

ジェット機の室内とは思えないスペースに、床座り。
これが世界のジェット機に採用されているのには、理由があるんです。
床座りは面倒くさいイメージがありますが、リラックス効果が高いので、注目されているんです。
最近は、ソファやイスが主流になっているリビングルームですが、床座りをお部屋に取り入れたいですね。
ポイントは、座った位置と窓の関係にあります。
リビング作りのお手本は、窓と対面や花瓶(和小物)が視界で楽しめるように配置することです。

まとめ

海外の高級ジェット機に採用されるほど、和テイストのインテリア優秀なんです。
どうしても「洋風=お洒落」というイメージがありますが、和風インテリアも積極的にお部屋に取り入れたいですね。
Share:
MrsAida