DIY

オシャレにストック!空き缶を「ワインボトルラック」にリメイクしよう♪

空き缶ってどうしていますか?何かに使うかもしれない。って思っても、何に使うんだろう?結局、リサイクルゴミ。空き缶って場所とるし、捨てるしかない。実は、空き缶をたくさん使ったカワイイ♡リメイク術があるんです。インテリアとしても優秀な「ワインボトルラック」を作りましょう。難しい加工や大変な作業は必要ありません。早速、作り方をチェックしていきましょう。

必要なもの

・空き缶(大きめのサイズの缶)12個 ・カン切り ・白スプレー ・3〜4色スプレー ・新聞紙(塗装から守る) ・接着剤 ・手袋 ・クリップ

空き缶のラベルを剥がします

空き缶についているラベルを剥がします。
(始める前に、水につけておくと剥がしやすくなります)

空き缶の蓋を外します

カン切りで、空き缶の蓋を外します。
ワインを入れるので、丁寧に切るのがポイントです。

空き缶の内側をペイントしていきます

空き缶の内側をスプレーでペイントしていきましょう。
汚れがきになる人は、手袋をつけてやりましょう。
ポイントは、ムラができないように均等に色付けすることです。
3から4色で、空き缶を色分けすると仕上がりが綺麗になります。
好みの色合いでペイントしましょう。

空き缶の外側をペイントしていきます

外側は白くペイントしましょう。
白はムラになりやすいので、色合いがきになる場合は、2度塗りしても大丈夫です。
濃いめに色付けするのがコツです。

乾燥させます

使用する塗料によって、待ち時間が変わるので注意してください。
しっかり乾燥させることで、色が空き缶に馴染みます。

空き缶を連結させます

横に平行に並べて、空き缶の接地面に接着剤を塗布します。
外れないように、クリップで固定するといいですよ。
この手順で、空き缶3個で1セットのラックを作りましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
MrsAida