DIY

雨で濡れたシューズもすぐに復活!梅雨に役立つ靴を早く乾かす裏ワザ5選

梅雨の時期に入り、急に降り出した雨でお気に入りの靴がびっしょりと濡れてしまった!次の日にも同じ靴を履く予定なら、早く靴を乾かす方法を知っていれば慌てずに済みますよ。新聞紙やドライヤーを使う方法でも、コツを知っていればさらに効率よく乾かすことができます。子供の上履きや体育館用シューズを洗い忘れて、急いで洗濯したあとの乾燥時にも使える便利な裏ワザです。おすすめの靴の乾かし方を厳選してご紹介します!

雨でびっしょりの靴を早く乾かしたい!

雨の日が続く梅雨の季節は、天気予報を見ずに出かけて急な雨に悩まされることもしばしば。
お気に入りの靴がびっしょりに濡れてしまったけれど、どうしても早く乾かして明日も履きたい時はありませんか? 緊急で靴を乾かしたい時に使える裏ワザをご紹介します。

①新聞紙を詰める

よく知られているのが、新聞紙を靴の中に詰めて乾かす方法。
つま先の方までギュッと詰めれば、新聞紙が靴の水分を吸収してくれます。
さらにインクの匂いで消臭効果も望めます。
新聞紙が湿ってきたらこまめに取り換えるようにすると、早く乾きますよ。
ひどく濡れている場合は、外側にも新聞紙を巻いて表面の水分も一気に吸い取りましょう。
特に革靴のように繊細な靴は、乾燥機で急に乾かすよりも、新聞紙を使ってゆっくり乾かすのがおすすめです。
また、干すときはつま先を下にして壁に立てかけるようにしましょう。
そうすることで水分が下に落ち、新聞紙が吸収しやすくなります。

②ドライヤーで乾かす

例えば出張先で急な雨に降られたときは、ホテルに備え付けられているドライヤーを使って乾かしましょう。
ただドライヤーの熱風をあてるだけでも乾きますが、おすすめなのが厚手のビニールを併用する方法。
ビニールの中にシューズを入れて、ドライヤーのスイッチをオン。
中が乾燥機のような状態になるので、早くシューズが乾きます。

③靴乾燥器を使う

このような、靴専用の乾燥器も売っています。
2000円程度で買えるので、一台持っておくのもおすすめです。
タイマーをセットしておけば自動的にスイッチが切れるので、電気を使いすぎることもありませんよ。

④布団乾燥機を使う

靴乾燥器がなくても、布団乾燥機で代用できます。
送風部を洗った靴にくっつけておけば、15分程度でカラカラに乾きますよ。

⑤ビール瓶を入れて日光に当てる

ビール瓶など、濃い色の瓶を靴の中に入れます。
黒い色は熱を持ちやすく温める効果があるので、日光のあるときに干す場合は、この方法を使うと電気を使わず早く乾かすことができます。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa