DIY

ついに梅雨入りしたよ!湿気を避けたいなら珪藻土を上手に使おう!

梅雨に入って、ジメジメした季節になってきましたね。梅雨になって困るのが湿気の問題。強く蓋を閉めていてもシケてしまったり、なんとなく湿気のせいでカビ臭い気がする。そんな状態をどうにか防ぎたい!という人にオススメしたいのが、珪藻土を使ったアイテムです。販売しているアイテムはもちろん、珪藻土を使った小物をDIYをしている人もいるようなので紹介していきますね!

湿度が高くなりがちなお風呂場で!

バスマットとして優秀だと話題の珪藻土。
乗るだけであっという間にサラサラになりますし、カビも生えないんですって!お手入れも陰干しするだけという手軽さも人気の理由でしょう。

食品がシケてしまうのが気になる!

梅雨の時期は食品がシケてしまうのも気になりますよね。
そこで、食品と一緒に入れる珪藻土はいかがでしょうか?瓶の中に一緒に入れておくだけでシケるのを防いでくれます。
ただし、珪藻土であれば何でもいいわけではありません。
食品に入れていいものであるか、きちんと確認してから使ってくださいね!

実用性を兼ね備えて!

シケさせたくない+実用性を兼ね備えた、珪藻土でできたスプーン。
とても便利ですね。

絶対にシケさせたくないものには

思い切って珪藻土でできた入れ物に入れてしまいましょう!これならシケる心配はほぼないでしょう!

冷たい飲み物の結露が気になる!

夏には冷たい物を飲む機会も増えますよね。
その時に気になるのがコップに付いた結露。
コースターを使っていても、コースターも濡れてきてしまうのはなんとなく気持ち悪いですよね。
そんな時も珪藻土のコースターなら水分をしっかり吸ってくれる上、サラサラになるので、使っていて気持ちが良いですよ!

壁などにも昔から使われています!

珪藻土は壁の塗材として昔から使われてきた素材です。
調湿効果があるだけでなく、消臭効果もあると、価値を再評価されているんです。
天然素材なので、シックハウス症候群の心配もありませんよ。
最近のDIYブームもあり、自分で壁塗りする人もいるぐらい人気です!

壁塗りDIYで残った珪藻土を使って…

残った珪藻土をお菓子の型に入れてよく乾かせば、湿気やニオイを吸ってくれる小物が完成。
こんな使い方もあるんですね。
注意しておきたいのは、売っているものと違ってしっかり固まっていないこともあり得ますので、食品などには入れない方が無難です。
下駄箱や押し入れ、冷蔵庫など、湿気とニオイが溜まりがちな所に置いておくにはちょうどいいですね! これから来る鬱陶しい湿気を珪藻土でカットしてみませんか?
Share:
yukota