DIY

古くて新しい『裂き編み』って?イマドキの裂き編みバッグを見てみたい!

裂き編みとは読んで字のごとく、布地を裂いてひも状にしたものを編んだもの。昔おばあちゃんがやっていた!というかたもいるかもしれません。そんな昔からある裂き編みが、時代とともに進化を遂げて、おしゃれなバッグを作る方法になってきていると聞いたら驚かれますよね?最近の裂き編みは本当に素敵なんです。これを見たら、きっとあなたも裂き編みを始めたくなってしまうはず♪

布を裂きます

こちらが裂き編みの糸になります。
もちろん無地でも素敵。
古くなった洋服からでも作れるので、リサイクルにもなりますよ。

編み方

かぎ針で布のひもを編みこんでいきます。
しっかりした手触りですが、糸がふわふわ飛び出て優しい雰囲気になります。

裂き編みバッグ

ころんとした、まあるい形が可愛い手提げバッグ。
色のトーンを抑えると、こんなに現代的なおしゃれなバッグを作ることもできます。
まるでインポートのお品のようなハイレベルなクラッチ。
サイドのフリンジも裂き編み糸で作っているのが、ひらひらしたリボンみたいで良いですね。
柄物の裂き編み糸を組み合わせて編まれたクラッチバッグ。
なんとも言えない絶妙な色合いが、とても素敵で可愛いです。
かごバッグと裂き編み糸を合わせて作られた、夏らしい作品。
いかがでしたか? 昔おばあちゃんが編んでいた裂き編みが、こんなに今風におしゃれになっているとは驚きですよね。
最近は海外ブランドも裂き編みバッグを発表しています。
気になった人は、ぜひ始めてみてください!
Share:
yuu100555