DIY

結婚式でよく見かける可愛いアクセサリー!手首に付けるリストブーケをDIYで作ろう♪

結婚式で話題のリストブーケをご存知ですか? 綺麗な花嫁さんになる人も、結婚式にお呼ばれしている人も、リストブーケで優雅なオシャレを楽しみましょう♪ 結婚式に限らず、様々なパーティーやイベントに使うこともできますので、ぜひ作り方をマスターしていってくださいね! 華やかな印象のリストブーケは、実は100均商品で材料をそろえることが可能ですし、不器用さんでも簡単に作れてしまうんです。海外から始まった素敵なトレンドに乗り遅れないよう、要チェック!

そもそもリストブーケって何?

リストブーケとは、手首につけるブーケのこと。
海外の結婚式でブライズメイド(花嫁さんのお友達)が手首につけていたことから始まり、そのあまりの可愛さに日本でも流行が始まっている注目のアイテムなんです♪

みんなでおそろいのお花をつければ、お祝いムードも盛り上がりますよ。
ジューンブライドには、リストブーケを用意しましょう♪

作り方のご紹介♪

それでは、さっそく気になるリストブーケの作り方の詳細をご紹介します♪

必要な材料は、100円ショップで揃えるのがオススメ。
リボン、フェルト、針金(細いワイヤー)、ボンド。
そして、何より忘れてはいけないのはお気に入りのお花です♪ 生花でも造花でもOKですよ!

必要な道具はハサミのみ。
しかし、グルーガンがあればもっと便利になりますよ。
造花の場合は、ペンチもあると助かりそうです。

1.お花をカットします

まずは、お花の根元をカットしましょう。
茎の部分が長いとどうしても安定しないので、短くして安定感を出していきます。
数センチ程度の長さがあれば十分ですから、ハサミでちょんっとカットしちゃいます。
造花の場合は、ペンチがあればカットしやすいはず。
カットした茎の部分についている葉っぱは使いますから、捨てないように!

2.フェルトをカットします

image by PIXTA / 27897864

フェルトをカットします。
同じサイズのフェルトを2枚つくっておきましょう。
これはお花を接着するためのものですから、手首よりも少し小さめのサイズにしておくと綺麗にできるはずですよ。
どんなフェルトでもかまいませんが、お好みのキュートなカラーを用意すると楽しくなりそうです♪

3.ワイヤーを手首の形にします

image by PIXTA / 2086114

次は、土台となるワイヤーを用意します。
細いワイヤーや針金を、手首に巻けるような形にしましょう。
これはリストブーケを支えるためのものですから、一回巻くだけでは手首に負担がかかって痛くなってしまいます。
何重かに巻いて、適当な太さを作ってくださいね。

4.リボンを巻きつけます

image by PIXTA / 2306293

用意してあったリボンを取り出しましょう。
お気に入りのカラーや素材でできたリボンを、さっき作ったワイヤーの土台に巻き付けていきます。
クルクルとひねるようにリボンを使って、ワイヤーの全体をじょうずに覆うようにして巻きましょう。
ワイヤーがはみ出さないように慎重に!

5.フェルトにグリーンをつけます

フェルトにグリーンをつけて飾っていきます。
お花や造花についていた葉っぱを、フェルトに貼り付けていきましょう。
フェルトをすべて覆い隠すように貼る必要はありません。
フェルトの色が見えてしまっていてもそれほど気にしなくて大丈夫です。
このあとお花も貼りますから、バランスよく配置していきましょう♪
次のページを読む
1 2
Share:
コトノ