DIY

100均素材でカラーボックスに目隠し!簡単アイデアから棚の扉に磁石をつける本格diyまで11選

お部屋の収納に便利なカラーボックスですが、中に入っているものが丸見えになってしまうのが難点。それなら、100円ショップで売っている素材を組み合わせてカラボの扉をDIYしましょう。蝶番やすのこや取手を部品に使い、さらにガラスシートや黒板塗料を組み合わせて、簡単な木工作業で出来るお手軽な作り方をご紹介。安いお値段で立派な扉が手作りできます。みんなの上手なカラボリメイク方法を厳選しました。参考にして、お部屋をもっとおしゃれに変えちゃいましょう。

カラボの扉DIY1:同じ大きさのボックスを入れる

カラーボックス目隠しの定番といえばこれ。
大きさの合うかごを入れて、引き出し代わりにする収納です。
最近はカラーボックスにぴったりの形の布のボックスが100円ショップで売っています。
棚ひとつ分ぴったりサイズやハーフサイズなど、いろいろなアイテムがあって一番お手軽に目隠しできる方法です。
ただ、お手軽な分、オリジナリティには欠けるかもしれません…。

カラボの扉DIY2:つっぱり棒+布

つっぱり棒を棚の内側につっぱり、布を通してカーテンのように目隠しすると簡単に出来ちゃいます。
100均で販売している突っ張り棒は結構な重さにも耐えられますし、何よりお手頃な価格が魅力です。
あらゆる大きさに対応する目隠し方法で、金具などの材料も必要なくてとっても簡単。
マリメッコ柄の布など、お気に入りのはぎれを活用して手作りできるのも嬉しいですね。
よくあるカラボがオシャレな家具に変身します。

カラボの扉DIY3:ベニヤ板

ベニヤ板をホームセンターで購入して取り付けてみましょう。
板のカットはホームセンターでサービスしているので、ぴったりの扉が取り付けられます。
扉の内側に磁石を取り付ければ、キチンと閉じるようになりますよ。
取り付けるマグネットは家具についているパーツを大きなホームセンターで手に入れてもいいですが、こんな簡単なマグネットもあります。
真ん中の穴の部分をネジで固定して取り付けます。

カラボの扉DIY4:蝶番+取っ手

板を下向きにそれぞれのボックスに蝶番と取っ手を取り付ける方法。
小さな蝶番や取っ手は100円ショップで手に入ります。
下向きの扉は重力で自然にパタンと閉じるんです。
でもこれを磁石でとめるとさらにしっかり閉まります。
新聞をストックしたりしてもいい、メールボックスみたいな雰囲気の収納です。

カラボの扉DIY5:コルクボード

コルクボードに取っ手と蝶番を取り付ける方法は、もともと木枠のついた商品ならとても簡単。
ちょうどよい大きさを探すのが難しい時はコルクボードの周りにサイズを合わせた木枠を取り付けましょう。
ピンを使ってメモやポストカードを扉に飾ることができます。

カラボの扉DIY6:すのこ

100均のすのこを扉に活用しましょう。
そのまま取り付けるのもありですが、一枚板を外すと中が少し見えるようになって入っているものがすぐに分かるところが高ポイントになります。
すのこなので通気性も良さそう。
カラーボックスに合わせて好きな色のペンキをペイントしても良いですね。
次のページを読む
1 2
Share: