DIY

壁面を有効活用♪賃貸でも壁に棚や家具を設置できる便利アイテム5選!

壁面を活用して写真やポスターを飾りたいときや、大きめの家具や棚を取り付けたいときに、気になるのが壁へのダメージ。特に賃貸マンションの場合、できるだけ大きな穴を開けないように気を使いますよね。壁へのダメージを最小限に抑えながら、大きな棚や家具を設置できる便利なアイテムがあるんですよ♪家具をスッキリと取り付けられれば、狭いお部屋のデッドスペースの有効活用にもつながります。グッズを厳選してご紹介します。

①マスキングテープ

写真やポスターを壁に飾るときは、額装するとセンスよく上質に見えます。
マスキングテープを活用して、額縁風にアレンジすれば壁を傷めずにおしゃれなお部屋を演出できますよ。
ピン痕を残さず原状復帰も可能なので、紙類等の軽いものを飾る場合は、まずマスキングテープを活用することをおすすめします。

②ニンジャピン

重さのあるポスターや小物をかけるときに画鋲を使いたいときは、針の部分が特殊に加工されたものを使うと壁を傷つけにくいですよ。
アッシュコンセプトの+d(プラスディー)から発売されている「ニンジャピン」は、針の部分がV字ピンになっているので、壁に開く穴がとても小さく済みます。

③ハイパーフックかけまくり

もう少し重たいものを引っかけたいときには、石膏ボード内で針が開く「ハイパーフックかけまくり」がおすすめです。
壁に取り付ける・取り外す際には針が中央に戻ります。
細い針が放射状に壁にささることによって、大きな穴を開けずに重たいものをかけられます。

④突っ張りパーテーション

気にせず穴を開けたい場合には、天井と床をつっぱりながら壁を立てられる「突っ張りパーテーション」を活用しましょう。
マンションの壁ではないので、気楽に画鋲やフックをかけることができます。
さらに、壁面を増やすことができるので目隠しになるパーテーションとしても活用できますよ。

⑤壁美人

重いものをかけるフックを取り付けられる「壁美人」は、自宅にあるホッチキスを使って設置します。
ホッチキスを6箇所打つことによって重さが分散され、細い針穴でびっくりするほど重たい家具をかけることができるようになります。
このような大きめの壁掛け時計も、しっかりと設置することができます。
さらに、大きめの壁美人を複数個使えば、スクリーンやテレビなど、大きく重たい家具を壁掛けすることができます。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko