DIY

レールを目隠しだけじゃない!おしゃれで便利なカーテンボックスを100均素材でDIY

カーテンのレール部分を目隠しするボックスを取り付けると、窓際が丸ごとおしゃれなカフェ風インテリアになるのをご存知ですか?布や木材を使って簡単に手作りでき、お部屋があか抜けておしゃれに見える効果があるんですよ。材料もホームセンターやセリアなど100円ショップで売っているアイテムを使って安くお金をかけずにDIYできるんです。レールの目隠し効果のほかに、置物や観葉植物を置いて飾ることもできます。お家にぜひ取り入れてみてくださいね。

ホテルみたいな「カーテンボックス」でレール部分を目隠し!

ホテルの客室のカーテンはレールが見えません。
レールが一段へこんだ天井に取り付けられている場合もありますが、「カーテンボックス」が付いている場合もあります。
この「カーテンボックス」、レール部分の目隠しはもちろんですが、お部屋の高級感を演出できる効果があります。
マンションでもついているお部屋もありますが、自宅の窓辺にもカーテンボックスを取り入れると、窓辺がもっとおしゃれに見えます。
DIY、しちゃいましょう!

お部屋が一気におしゃれに

カーテンボックスを設置した窓辺がこちら。
木目の見える板で手作りすると、ナチュラルなカフェ風のインテリアになります。
木の素材の家具との相性もいいので、ディスプレイも合わせてコーディネートしてみましょう。
北欧テイストのお部屋にも似合いそうですね。

発泡スチロールの板+リメイクシートでも作れる

カーテンボックスは、お部屋のカーテンの寸法の合わせた木の板を組み立てて、レール部分に角材の端材を添え木にしてビス留めなしでも乗っけるだけで簡単に設置できますから、賃貸住宅でも大丈夫。
木の板の重みにレールが耐えられそうにない場合などは、100円ショップの木目調のリメイクシートを発泡スチロール素材のボードやプラダン(プラスチック製段ボール)にペタンと貼って代用することもできます。
これなら軽く、安くDIYできます。

上にものが置けちゃいます

手作りしたカーテンボックスの上に置物を飾って楽しんで見ましょう。
小さな雑貨のほかに、黒板やパネルを立てて飾るのもおすすめです。
自分の趣味で作った小物や模型などを飾っても楽しいでしょうね。
ある程度の重さになりそうなときは、カーテンレールの固定具合を調べてから。
グラグラしそうなら、レールを固定しなおすか、カーテンボックスをL字金具などで取り付けましょう。

ファブリックインテリアを吊るしてみよう

しっかりと固定できたカーテンボックスなら、フックを吊るす金具を取り付けて、思い切ってファブリックインテリアをカーテンの前に垂らして飾るのもあり。
布素材同士なので、意外と浮いて見えることがありません。
夏なら涼しげな麻を吊るすなど、アイディア次第で変化をつけた素材を使ってみるのも良さそうですね。

金具をつけて観葉植物を飾れます

ねじ留めして固定できたボックスだったら、他にもいろいろぶら下げてみませんか?100円ショップで売っている小さな取っ手型の金具を取り付け、S字フックを組み合わせましょう。
観葉植物のポットを吊るして飾ることができるようになります。
日当りのいい窓辺に観葉植物はぴったり。
植物も大喜びです。

白くペイントすると可憐な印象に

木材なので、お部屋に合わせて好きな色にペイントすることができます。
白い絵の具でところどころはげたように塗ると、アンティーク風で女性らしい、シャビーシックな雰囲気をつくれます。
他にもお部屋のイメージに合わせて好きなカラーでペイントしてみてください。
次のページを読む
1 2
Share: