DIY

ダンボールでDIY!子供のおもちゃから実用グッズまで作れちゃうよ!

ネットショッピングをしたり、まとめ買いをした時についつい溜まりがちになるダンボール。リサイクルに出すのもいいですが、DIYすればおもちゃから収納アイテム、インテリアまで幅広くリメイクすることができるんですよ!これから紹介するアイテムを参考に、何か作ってみてはいかがでしょうか?

子供は狭い所が大好きですよね!

ダンボールをちょっと切って、車のようにするだけでも子どもたちは大喜びです!写真では車輪には紙皿を利用していますね。
ダンボールだからこそ、お絵かきし放題です。
一緒にペイントしても楽しめそうです!

ダンボールを重ねれば強度が増す!

ゆらゆら揺れる馬をダンボールで作ってみませんか?同じ形に切ったダンボールを接着剤で重ねれば、強度が増します。
子供が乗るぐらいではビクともしませんよ!それでも心配であれば、強化ダンボールを使うのをオススメします!

ケーキボックスのようなティッシュケースをダンボールで!

ダンボールでケーキボックス?!と一瞬驚きますが、実は、ティッシュボックスになっています。
クスッと笑えるアイテムもダンボールで作れちゃうのが楽しいですね!

アマゾンのダンボールで本棚だって作れちゃう!

ダンボールを一度開いて、型通りに切れば本棚だって作れちゃいます!ダンボールのサイズや型はリンク先を参考にしてくださいね!(http://mago.pepper.jp/ccil49.htm)

お金持ちの象徴?!鹿の頭もダンボールで!

飾ってあるとゴージャス感が増す鹿の頭。
なんとなくお金持ちの家には飾ってあるイメージがありませんか?ちょっとした遊び心でダンボールで作った鹿の頭をインテリアに取り入れてみるのも面白いですね!模様もつけると写真のようにステキに仕上がりますよ!

オシャレなテーブルも段ボール製

ダンボールを組み合わせるだけで、こんなにオシャレなテーブルができるなんてちょっと驚きませんか?このまま使うのであれば、書きものをするのには向いていないので、透明なガラス板やプラスチック板を乗せて使ってもいいかもしれませんね。
インテリアのアクセントとして活躍してくれそうです。

いざという時に役立つアイデア

震災などでも話題になったダンボールを使ったベッドもあります。
硬い床の上に長期間寝ていると体が弱ってしまったり、疲れが取れないということもあります。
日常的に使いたいという人はもちろん、いざというときのために作り方を覚えておくのも大切かもしれませんね。
次のページを読む
1 2
Share:
yukota