DIY

賃貸物件でもできるよ!ディアウォールを使ってキッチン収納をDIY♪

DIYユーザーに大人気の「ディアウォール」。ホームセンターで売っている2×4(ツーバイフォー)材を使って、壁を傷つけずに棚や支柱を作れるということで、よくメディアにも取り上げられていますよね。今回はそんな「ディアウォール」を使って、賃貸物件でも気にせず作れるキッチン収納DIYに挑戦!キッチン収納にお悩みの方必見の「ディアウォール」活用術をご紹介します♪

キッチンをもっと使いやすくしたい!

賃貸物件だと理想通りのキッチンに出会うことは難しいですよね。
「調理スペースがもう少し欲しい」、「収納スペースが足りない」など、キッチンの使い勝手に不満を持っている方も多いはず。
今回はこのキッチンの後ろのスペースがもったいない物件にキッチン収納を作って、使い勝手をアップさせたいと思います!

ディアウォールでキッチン収納をDIY!

物を置いたりできる作業スペースと、飾り棚&収納棚を作ることをポイントに、カフェ風インテリアを意識して作ってみました。

作り方をもっと詳しく!

今回は若井産業が製造・販売しているディアウォール、棚受け(ディアウォール用)と2×4材、木製フォトフレーム、アンティークワックスを使ってキッチン収納作りにチャレンジ!

テーブルをセット

まずはすべり止めシートを敷いて、作業スペースとしてのテーブルをセット。
動画では紹介できませんでしたが、このテーブルもDIYで作ってます!作業用テーブルを作るなら高さは80cmにすると使い勝手がいい感じですよ♪

支柱の長さを図る

テーブルをセットしたらテーブルから天井までの高さを測ります。
その全長から45㎜引かなければディアウォールをセットできないので、天井までの全長-45㎜の2×4材を購入しましょう!ホームセンターで購入すれば数十円でプロがカットもやってくれるのでオススメですよ♪

アンティークワックスで塗装

次に購入した木材を塗装していきます。
今回は木目を活かすためにアンティークワックス(ジャコビーン)というを仕上げ材を使いました。
塗ってみると、安い木材とは思えないほどのアンティーク感が!しかも、このアンティークワックスは臭いも少ないのでお家の中でも気にせず塗装ができました!

ディアウォールを木材にセット!

塗装が終わったらついにディアウォールの出番! ディアウォールは上下2個で1セット。
片方にバネが入っていて、バネがある方を上、ない方を下にセットします。
複雑な手順は何もなく、ただはめるだけなのでとっても簡単です♪
次のページを読む
1 2 3
Share:
haletto