DIY

マリンな飾り付けの必需品!100円ショップの紙粘土で作る『スターフィッシュ』の活用法6選

夏が近づき、お部屋も夏らしく模様替えしたい季節にぴったり。安く経済的にお部屋の印象を変えたいなら、100円ショップで売っている紙粘土を活用してインテリアをDIYするのがおすすめ!「スターフィッシュ(ヒトデ)」のモチーフを手作りしましょう。紙粘土の成形だけで簡単にDIYできて、いっぱいつくることができるのでいろいろなお部屋のインテリアに使いまわせるんですよ。アレンジの方法も多いので、夏のお部屋におすすめの手作り雑貨です。ぜひDIYして下さいね。それでは作り方と活用方法をご紹介します!

1.夏のお部屋に「スターフィッシュ」を飾ろう

夏らしいモチーフといえば、砂浜のある海岸に打ち上げられた星形のスターフィッシュ(ヒトデ)。
白く爽やかな質感で、特徴的な星のモチーフがおしゃれですよね スターフィッシュをお部屋に置くだけで夏らしい演出ができますが、海まで拾いにいくのはさすがに大変です。
なので手作りしてみましょう!

1-1:【作り方編】100均の紙粘土でオシャレなスターフィッシュを

実はスターフィッシュは、100円ショップで売っている紙粘土をつかって手作りできるんですよ。
セリア、キャンドゥ、ダイソー、どこの100円ショップの商品でも構いません。
これなら遠くまで拾いに行く必要もなく、確実にスターフィッシュが手に入りますね。

レース模様のスタンプなどと組み合わせれば、オリジナルのスターフィッシュの完成!せっかく手作りするのですから、現実にないようなオシャレなものも作ってみましょう。
あとは星形のクッキー型などで形を整えて穴をあければ、様々な場面で活用できますよ。

1-2:【作り方編】星形にして穴を開けてリアルなスターフィッシュを

リアルなスターフィッシュの作り方もとても簡単で、棒状にした紙粘土を星型にします。
ヘアブラシや棒を使って表面に穴をブスブスあけて質感をつくり、乾かせば完成。
穴を深く開けすぎないように気をつけてくださいね。
白い紙粘土なら色を塗る必要もありません。
粘土は1つ買えばたくさん作れるので、とても経済的です。

2.【活用編1】ガラスボウルに入れよう

完成したスターフィッシュは、貝殻といったほかのナチュラル素材と一緒に透明なガラスボウルに入れて飾ってみましょう。
涼しげでナチュラルな置物になり、夏のあいだも大活躍しますよ。

スノードームを作るドーム状の入れ物や、今はやりの電球型の瓶に入れてもかわいいですよ。
また、いらなくなったジャムの瓶などをリメイクしてもいいですね。
シーグラスなどの透明感のある素材や、カラーサンドと組み合わせれば、とっても夏らしくなりますよ。
あなただけの夏のディスプレーにいかが?

3.【活用編2】額装風に飾ってみよう

他のシェルパーツと組み合わせて、100円ショップのフォトフレームにペタペタ。
あっという間にスターフィッシュインテリアの完成です。
夏の思い出を飾るのにぴったりですね。

写真を飾る部分に、思い切って作ったスターフィッシュを貼りつけてもオシャレ。

4.【活用編3】ガーランドに使ってみよう

紙粘土が乾く前に先に穴を開けておくと、吊るして使うときに便利。
麻ひもを使ったガーランドは、お部屋にのんびりとした夏気分を運んでくれます。
ゆらゆらと揺れる姿はさわやかな夏の風を感じさせます。

パーツごとにひもをつけておけば、オーナメントにも応用できますね。

5.【活用編4】カーテンやテーブルランナーのタッセルにしよう

スターフィッシュに麻ひもをしばりつけておくと、布をまとめるタッセル代わりに使えます。
テーブルランナーやカーテンを束ねながら、季節感のあるおしゃれな装いも演出できます。
お部屋にハワイアンな雰囲気を醸し出してくれること間違いなしです。

お部屋にあるカーテンなどのアイテムの色合いに合わせて粘土を色づけても素敵ですね。
次のページを読む
1 2
Share: