DIY

ただの食パンがこんなに楽しくなるの?!人気の食パンアート8選

朝の忙しい時に、ササッと可愛らしい食パンが焼けたら一日が楽しく始められそうですよね。ちょっと手を加えるだけでカワイイ食パンが焼けるアイデアがたくさんあるんです!そこで、今回はその中で手軽に楽しめるものなどを8つ紹介します。お子さんも喜ぶので、試してみてくださいね!

アルミホイルで食パンにアート

忙しい朝でもちょっとした遊び心が表現できるのが、アルミホイルを使った食パンアート。
柄を切り抜いて普通に焼くだけなのでとても簡単ですし、お子さんと一緒に楽しめます!

アルミ+折り曲げで3DSみたい!

アルミホイルで焦げ目を作っただけでなく、ちょっと折り曲げることで、3DS感をアップさせた食パンアート。
本当によく出来ていますね!

立体的な食パンアート

市販されている型で切り抜いて、立体的な表現ができる食パンアートもあるんです!手にプチトマトやフルーツなどを持たせることもできて、キュートな仕上がりになりますよ!

チョコペンでお絵かき

お絵かきに自信がある人は、チョコペンでイラストを描くのもいいのではないでしょうか?

野菜やチーズの配置でアート

プチトマトを切って野菜と並べると、こんなにカワイイ絵ができちゃうんですね。
絵があまり得意ではない人も挑戦できそうです!

型を乗せてココアを振ってみよう!

クッキングシートなどで抜き型を作って、その上からココアを振ると、抜いた形でココアが残ります!こんな方法もあるんですね!

オブラートアートを使うのもGOOD

オブラートに食紅などを使って絵を描く「オブラートアート」。
お弁当などでも活躍中ですが、食パンアートにも使えちゃうんです!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota