DIY

型崩れが気になる!そんな人にオススメのバッグ収納術5選!

クローゼットの中で意外に幅を取るバッグ。収納に悩んでいる人は結構多いんです。積み重ねてしまうと型崩れしてしまいますし、そのまま収納したのでは幅をとって邪魔になってしまいます。そこで、今回は省スペースで型崩れもしにくい収納術を紹介します。きっとすぐにでも試したくなるはずですよ!

バックをキレイに収納するのって意外に大変

ちょうどいいサイズの棚があれば写真のようにキレイに収納できるのですが「バッグを整理するためだけに棚を買うのも…」って思っちゃいますよね。

バッグの収納は幅を取るので困る

バッグを収納する時に気になるのが、型崩れや収納場所の確保ではないでしょうか?型崩れを気にしてS字フックで吊り下げる時にも、広い面が向いてしまうので、幅が取られてしまうんです。

できれば省スペースで並べて収納したい!

写真の様に吊り下げられれば、省スペースで済みますし型崩れも防げます。
ではどうしたら省スペースに並べられるのでしょうか?

S字フックを2つ重ねる

S字フックが1つだと、バックは横向きになってしまうので、S字フックを2つ重ねることで縦にバックを下げられるようになるんです!

一つのフックで済ませたい人には

ダイソーで販売されているクロスタイプのS字フックもオススメです。
一つで済みますし、100円なので取り入れやすいのではないでしょうか。

壁に吊り下げたポケットに入れる手段も!

壁に取り付けられるポケット付きの壁掛けにクラッチバックなどの小さめの物を収納する手段もあります!

クリアケースがバック収納にも役立つ!

取っ手が付いていないバックなどは、クリアケースやブックスタンドを使って立てて収納すると省スペースになりますよ!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota