DIY

【ベランダや室内に飾ろう】お部屋で楽しむ「手作り鯉のぼり」のアイデア7選

5月5日の端午の節句は、お家に鯉のぼりを飾って男の子の成長をお祝いする日。賃貸マンションでも飾りやすい、オリジナルの鯉のぼりを手作りしませんか?お部屋やベランダに鯉のぼりを飾ると季節感あふれるインテリアにもなりますよ。はぎれ布やペットボトルなど身近にあるものを材料にできるのでお財布にも嬉しいDIYです。お部屋に合わせてテイストを変えたり、小物サイズにアレンジしてもかわいい、そんな「手作り鯉のぼり」のアイデアを厳選してご紹介します。

こどもの日は鯉のぼりを飾りたい!

5月5日はこどもの日。
カブトや鯉のぼりを飾って男の子の成長をお祝いする日です。
戸建てでお庭がある家なら大きな鯉のぼりも飾ることができますが、最近はマンション住まいの方も多く、ベランダも十分な広さがない場合もありますよね。
それでもやっぱり鯉のぼりを飾ってお祝いしてあげたい!そんな時は飾るスペースに合った大きさの鯉のぼりを手作りするといいですよ。
今回は、マンションのベランダやお部屋の中で楽しめる手作り鯉のぼりのアイディアをご紹介します。

#1 マスキングテープでミニ鯉のぼり

マスキングテープを貼り合わせて作る、とても簡単ですぐ完成する鯉のぼり。
写真は鯉のぼりの目をシールで作っていますが、目やウロコをペンで描いてもOK。
ミニサイズで作業も難しくないので、お子様と一緒に作っても楽しいですよ。
マスキングテープは色も柄も豊富なので、何種類も作ってたくさん泳がせてみるとカラフルで楽しい鯉のぼりになります。

#2 つまようじで作るミニミニ鯉のぼり

同じくマスキングテープを使って、つまようじの先に小さなこいのぼりをペタン。
こどもの日のお料理のデコレーションに使える、とってもかわいいピックのでき上がり。
女の子のお弁当に入れてあげてもきっと大喜び。
スポンジにさして置物にアレンジすれば、可愛いインテリアにもなりますよ。

#3 鯉のぼりのガーランドも

長方形の紙に三角の切込みを入れて作った鯉のぼりを、何匹かつなげて作る鯉のぼりガーランド。
意外にどんなお部屋にも飾りやすく、自分好みにアレンジもしやすいんです。
子供にウロコや目をお絵かきしてもらうのもおすすめ。
紙の大きさを変えて、お父さん鯉、お母さん鯉、子どもの鯉と作り分けたり、紙以外に布などで作るのもおすすめ。

#4 トイレットペーパーの芯で作る鯉のぼり

トイレットペーパーやラップの芯、紙コップなどに色紙をペタペタ貼り付けて作る鯉のぼり。
ひとひねり加えるなら、ペーパーテープをしっぽの方に使ってたなびかせて尾びれの部分を再現すると、より鯉のぼりらしくなりますよ。

#5 ペットボトルも鯉のぼりに変身

ペットボトルを細く切り、大きさを調節しながら輪っかにしてホッチキスでパチンと留めます。
ヒモをはさみながら上からマスキングテープを貼ってつなげれば、モビールタイプの鯉のぼりの完成。
これはお部屋のインテリアとして素敵ですね。
とてもペットボトルで作られたものとは思えません。

#6 古着でおしゃれな鯉のぼり

小さくなった子供服を鯉のぼりにリメイクしています。
端午の節句は健やかな成長をお祝いする日なので、子どもが成長して着られなくなった服を使った鯉のぼりは素敵ですね。
年々、鯉のぼりのサイズが大きくなるたびに嬉しさを感じられるのではないでしょうか。
また、これならモダンなお部屋に飾ってもすんなり馴染んでくれそう。
次のページを読む
1 2
Share: