DIY

シャドーボックスの額を使って思い出をインテリアとして飾ってみませんか?

思い出の品を飾りたいけれど、スペースもあまりないし、キレイに飾るのが難しいと感じていませんか?そんな人にオススメなのが、シャドーボックスを使ったディスプレイです!海外ではこのシャドーボックスを使って色々な飾り方をしているんですよ!100均でも手に入る代用品も紹介します!

シャドーボックスって?

そもそもシャドーボックスって何?という人もいるかもしれません。
シャドーボックスは、紙を切り抜いて何層にも重ねて作るハンドクラフトです。
立体的で奥行きのある絵画のような雰囲気が人気で、見る角度によって色んな表情が出るのも魅力なんですよ! 今回使うのは、そのシャドーボックス用の額です。
奥行きがあるので色んな物を入れられちゃうんです。
その特徴を活かして、思い出を詰め込んでみませんか?

大切なお手紙を詰めるだけでこんなにステキに!

家族や友人からもらった手紙をまとめて入れるだけでこんなにステキな雰囲気になるなんてちょっと驚きませんか?もらった人の写真なども一緒に入れれば、いろんなことを思い出せそうですね。
壁に飾ると、重力に従って下に落ちてしまうので、目立たない小さなピンなどを使って固定するとキレイにディスプレイできますよ!

思い出深い場所の写真を入れてフォトフレームみたいにしてもOK

思い出深い旅行先の写真を使って、フォトフレームのように使ってもいいですが、せっかく奥行きがあるので、買ったおみやげなんかを一緒に入れれば、鮮明にその場所を思い出せそうですね!

旅行のチケットをギュッと詰め込んで

キレイに並べるだけでなく、乱雑に入れても絵になるのが、シャドーボックスの魅力かもしれません。
旅行先のチケットをバババッといれてタイトルを付けるだけで、こんなにオシャレになるんです!

子供の成長を残していく

子供の靴の大きさがどれだけ成長したかを実感させてくれますね。
シンプルだけれどもこんな成長の記録の残し方もステキです!

結婚式の思い出を残したい時にもオススメ

結婚式の時に使ったブーケや小物を入れるのにも、シャドーボックスは便利ですよ!

わざわざシャドーボックスを手に入れなくてもOK

シャドーボックスをわざわざ買うのはちょっと高い!と思う人には、100均でも代用できるアイテムもあるんですよ!オススメはセリアで販売しているインテリアコレクションケースや標本箱です。
背面にフックを付ければ、壁などにも飾れるので、ぜひ試してみてくださいね!
Share:
yukota