DIY

トイレにも部屋にも!おしゃれなトイレットペーパーカバーの作り方7選

トイレにストックしておくトイレットペーパーは、買ったままのパッケージに入っていると生活感がそのままに…このままだとおしゃれとは言えないので、カバー付けるのがおすすめ!取り出してひとつひとつにカバーをかけると、インテリアの一部として統一感を持った見た目もなります。さらに、布や巾着袋で作ったカバーは使い回しができるので、他の部屋に置いて使っても恥ずかしくありません。卓上に飾りつつ、ティッシュの役割もこなしてくれてるのでとっても便利です。そんなおしゃれなトイレットペーパーカバーを手作りした事例をご紹介していきます。

トイレットペーパー単体で置いておくと大変!

image by PIXTA / 26350519

生活必需品であるトイレットペーパーをそのまま置いておくと、ペットや子供たちが散らかす原因に!くるくると遊びたくなるのはわかりますが、片づけるのは大変でそのまま捨ててしまう家庭も多いですよね。
ペーパーホルダーがあればいいのですが、パッケージから取り出して置いておくのは気が引けてします。

トイレットペーパーをパッケージのまま置いておくのも…

image by PIXTA / 7435064

トイレットペーパーはどの家庭でも買いだめして、常にストックされていますよね。
その買ったばかりのパッケージのままトイレに保管する…それだと生活感が丸出しで来客の時にちょっと恥ずかしいかも?トイレ上部に棚などがあればいいのですが、それも叶わない時はトイレットペーパーカバーを付けるのがおすすめです。

トイレットペーパーカバーを付けるとかわいいインテリアに変身!

トイレットペーパーをパッケージから一つ一つ取り出して、ちょっとしたカバーを付けるだけで可愛くなりますよ。
画像のように布とコサージュを付ければあっという間に完成。
好きなデザインやお気に入りのカバーを作ってみるのはいかがですか?

カバー例1:オシャレな包装紙でくるむ

個別包装の際に便利なのが100均にも売っている包装紙。
取り出したトイレットペーパーを包装紙で個別にくるむとインテリアのようにおしゃれに!トイレの中に置いておいても十分、海外風の趣にもなりますよ。
おすすめは英字のパッケージですがシンプルな絵柄をカラーを変えて揃えたりするのも良いでしょう。
店舗でもらえる紙袋を利用して、北欧風のディスプレイにしたりもできます。

カバー例2:クリアファイルを利用して日替わりカバーに

お気に入りのポスターや映画のチラシなど、好きな紙を大事に使いたい際にはクリアファイルを使うのもおすすめです。
クリアファイルをトイレットペーパーの高さに合わせて大きめにカットし、ファイルの中にチラシなどを入れば完成!見せ方を変えて柄やイラストに合わせて、折って入れるのも手軽にできて良いですね。
また、季節や日替わりで中の柄を変えやすいのもメリットです。

カバー例3:お気に入りのガーゼをカバーに

包装紙だと一度包んだだけでクシャクシャになってしまいますが、ガーゼなどの布製なら何度でも使いまわすことができます。
画像のように、ダイソーなどの100円ショップ売っているガーゼでくるんとする。
それだけでも、印象をガラリと変えることができますよ。

カバー例4:くるみボタンと付けるとよりオシャレに

布やガーゼを使ったカバーには、輪ゴムとくるみボタンを付けると更におしゃれに!これなら布が落ちてほどけることが無いので安心です。
布のデザインと合うボタンを付けたり、くるみボタンを手作りして縫い付けましょう。
もちろん、手芸店で選んで空間に合わせたセンスの良いのを選ぶのも、楽しみが増えて良いですね。
次のページを読む
1 2
Share: