DIY

ミニサイズのインテリアや収納グッズにリメイク♪卵の殻の活用方法11選

料理の時に使う卵の殻は、小さなサイズ感と素朴な質感がとっても可愛い♡実は、リメイクするとミニサイズの雑貨に変身するんですよ♪表面に模様を施して置物にしたり、観葉植物のポケットや、小さなアクセサリーの小物収納にも活用できて便利ですよ。0円素材なので材料費もかかりません♪捨てる前にリメイクして、エコなインテリアとしてお部屋の飾り付けに使いましょう。みんなの卵の殻の活用方法を厳選してご紹介します。

卵の殻はお部屋のインテリアに使えるよ♪

料理のときに使い、割ったら捨ててしまう卵の殻。
実は、しっかり洗って乾かしてからリメイクすると、ミニサイズ感が可愛いインテリアになるんですよ。
今回は、卵の殻を活用したDIYの方法をご紹介します。

①多肉植物を植える

小さな多肉植物を植えるポケットとしての活用法。
ナチュラルな雰囲気を演出できる、人気のリメイク方法です。

②造花やドライフラワーを飾る

ラッピングに使う細い紙の緩衝材を詰めて、造花やドライフラワーを飾るとオシャレ! ダイニングの卓上に置いて、カフェ風インテリアとして飾ってみてくださいね。

③マスキングテープを巻く

卵の殻にマスキングテープをひと巻きするだけで、とっても可愛い置物になります。
さらにペイントしてからペタッと貼れば、色違いやデザイン違いのカラの置物をたくさん作ることができますよ。

④デコパージュしてブルックリン風の小物作り

卵の殻にデコパージュして、ブルックリン風のデザインにリメイク。
卵の殻というゆるさが、ブルックリンの肩の力の抜けた感じをうまく表現していますね。

⑤キャンドルホルダー

卵の殻の中に、100円ショップのシンプルなキャンドルを入れるだけ。
色を塗ると、さらにおしゃれなキャンドルホルダーになりますよ。
卵が入っていたパックも活用して、それらしく演出すると楽しいかも♪

⑥マスコット

卵の殻にペイントして、人形をDIY。
ひよこが生まれてくるたまごに鳥の絵をデザイン。
自然なモチーフに遊び心を感じます。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko