DIY

サボテンって水栽培できるの!?海外で流行ってるおしゃれサボテンインテリア♪

「サボテンは水をやり過ぎるのNG」って昔から聞くけど、それって嘘です。サボテンの根は、他の植物に比べて水を吸収しずらいので、土に残った水が腐ったり、雑菌が繁殖したりして枯れるのです。だから、水と相性が悪いわけじゃないんです。水栽培は海外ではメジャーなサボテンの育て方なんです。新鮮な水を1週間に1度程度の頻度で、交換したらOKなんです。それでは、おしゃれサボテン水栽培の術を見ていきましょう。

サボテンを手に入れよう♪

他の植物に比べてお手入れが簡単なので、お部屋にあると和むし可愛いインテリアにもバッチリなサボテン。
普通のサボテンを買ってきて、水栽培に挑戦してみましょう。
用意するもの ・好きなサボテン ・好きな器 これだけで、おしゃれな水栽培サボテンが始めることができます。
サボテンは、高いものではなくて大丈夫です。
100円ショップでも手に入るので、お試しサイズから始めましょう♪

水栽培サボテンのやり方

水栽培の始め方 1.サボテンを植木鉢から出す 2.水で洗う 3.好きな入れ物に入れる 4.根っこ部分だけ、水を入れる 5.1週間に1度程度水を交換する

水栽培サボテンのメリット

サボテンを水栽培するメリットは、 ・土じゃないので虫がつきにくい ・見た目が綺麗 ・ちょっと変わったインテリアにいい ・置く場所を選ばない ・手入れが簡単 おしゃれな見た目と裏腹に、超かんたんなインテリアです♪

サボテンの根っこってこんな綺麗なの!?

サボテンの根っこは普段は見ることができないですが、水栽培にするとこの通り。
根っこは、意外にもこんなに綺麗なんです! 子供がいたら喜びそうですね♪

ちゃんとお花も咲くんです!

水栽培だからって成長が遅くなったり、枯れたりすることはありません。
ちゃんと愛情を持って育てれば、お花が咲くこともあります。

入れ物を工夫してみよう♪

水栽培サボテンなので、入れ物はなんでもok!好きな空き瓶、空き缶、グラス、なんでも対応できます。
ビールにサボテンなんて、バー風インテリアになって、カッコイイですね。

まとめ

サボテンは、水栽培って意外にカンタンでおしゃれなインテリアなので、試してみませんか?
Share:
MrsAida