DIY

『室外機リメイク』でベランダがおしゃれになる♡室外機カバーのアイデア集

お家のベランダやお庭に置いてある室外機は、大きくて存在感抜群。そんな室外機にカバーをかけて目隠しすると、ナチュラルな雰囲気になるんですよ。そうすれば、ベランダに置いた観葉植物やデッキチェアとの相性が良くなり、おしゃれなエクステリアになります。すのこや板を使って、可愛いデザインの室外機カバーをDIYして、ナチュラルなベランダの雰囲気作りをしましょう♪みんなの室外機リメイクのアイデアをご紹介します。

室外機は「すのこ」で隠すだけでナチュラルになる!

ベランダにドーンと置いてある大きな室外機。
無機質で存在感たっぷりなので、植物やお花でいっぱいのナチュラルなベランダを作ろうと思っても、雰囲気が台無しになってしまいますよね。
実は、100円ショップで売っている「すのこ」で隠すだけでも、こんなに景色となじむようになるんですよ。

すのこを塗装してヴィンテージ感を出そう

100均のすのこをワトコオイルで塗装してヴィンテージな木目の質感を出せば、それだけで男前なエクステリアになります! しかも、室外機カバーの上に植物のプランターを置くことができるんですよ。
点検しやすいように、簡単に取り外せるようにカバーをつけましょう。
すのこのように隙間のない木材を使ってカバーをする場合は、換気しやすいように空気が出入りする部分だけを網にすると空調の性能がよくなりますよ。

室外機の上まで壁を作ると可愛い♡

室外機を囲んだすのこや木材を使って、上の方まで壁を作るアイデアが流行中。
こうすることで、まるでナチュラルなキッチン台のような雰囲気の室外機カバーになるんです。

植物やプレートで飾ってみよう

高さを出した室外機カバーには、棚を取り付けたりハンギングタイプの観葉植物を吊るして飾りましょう。
ナンバープレートなども使って、ナチュラルな雰囲気たっぷりに演出するとおしゃれですよ。

ステンシルでブルックリン風にしてもいいね

すのこを黒く塗装して、白いゴシック体の文字でステンシルすれば、ブルックリン風の室外機カバーの完成! まるで海外のような雰囲気になります。

小さなキッチンみたいな室外機!

ダストパンを吊るしたり木製アルファベットの置物を棚に置いた、ナチュラルなキッチンのような室外機カバー。
室外機部分に蝶番をとりつけて開き戸にすることで、点検やお掃除もラクチンです♪
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko