DIY

0円素材なのに高級感があってオシャレ?かまぼこ板のリメイク方法14選

蒲鉾を食べた後に残る「かまぼこ板」は、無垢の木材で作られています。木目が美しくて、長方形で扱いやすく、その上軽い、とても良い材質の木なんです。その上蒲鉾を食べればタダで手に入りますよね。材料費がかからない0円素材をDIYに使わない手はありません!ネームプレートや小さな棚にリメイクして、お部屋のインテリアに活用しちゃいましょう♪小さなサイズ感が可愛い、かまぼこ板リメイク方法をご紹介します♪

かまぼこ板をリメイクしよう♪

かまぼこを食べると必ず残るかまぼこ板。
そのままゴミ箱へ捨てるという方が多いのではないでしょうか。
でもちょっと待って下さい!かまぼこ板を捨ててしまうのはもったいないんです!かまぼこ板は、DIYの素材に大活躍してくれますよ。
マネしたくなるようなかまぼこ板のリメイク術をご紹介します。

その1:料理をのせる「ウッドプレート」

料理をのせるウッドプレートに利用する方法。
小さなお菓子などをのせるのに最適です。
もともと蒲鉾がのっていたので料理の盛りつけに再利用するのに抵抗がなく、使いやすいですよ♪

その2:お部屋を可愛く「プレートインテリア」

かまぼこ板に絵を描いたりシールを貼ったりしてアレンジ。
金具を取り付けてヒモで吊し、フックにかければ可愛いプレートインテリアになります!
オイルステインで塗装して木材の色に深みを出したものに、とんとんとステンシルを。
それらを金具で繋げれば壁掛けが完成しますよ。
ポケットに多肉植物が入っているところが可愛いですね。
麻紐などで、エアープランツをくくりつけても素敵です。
エアープランツの他、ドライフラワーを飾ってもいいですね。
色を塗ったり、画用紙を貼ったりアレンジすれば、オシャレ感がグンと増します。
はぎれやレースを貼り付ければ、ナチュラルテイストな仕上がりになりますね。

その3:文字を添えられる「リース」

リースにペタンとくっつけると、文字を加えられて便利♪ 木材なので自然素材との組み合わせが良いんです。
次のページを読む
1 2 3
Share: