DIY

100均のブリキバケツをリメイク!レトロインテリアのアクセントにピッタリだよ♪

100均のアイテムでDIYするのが好きな人も多いですよね!その100均アイテムの材料として今回オススメするのはブリキバケツです。レトロな雰囲気を出すこともできますし、収納や小物を入れるのにも重宝するんですよ!そこで実用例とブリキバケツをもっと可愛くするDIYの方法を紹介します!

小物入れとして見せる収納にもなる!

ブリキバケツを並べて置くだけで、統一感のある収納にもなります!100均だからこそ数も揃えやすいのも嬉しいですね。
フックに引っ掛けたりすることもできるので、スペースも有効活用できますよ!

そのままプランターとして使ってもカワイイ!

ビニールポットのまま入れてもいいですし、寄せ植えのようにするとまたカントリー調になってステキですよ。
植物を入れるときは、底に水抜きの穴を開けるようにしてくださいね!

カラーリングしてあるブリキバケツも!

100均のブリキバケツは既にカラーリングがしてあるものもあります。
自分の好きな色のブリキバケツを選んで、インテリアに活用してみるのもいいでしょう。
もちろん、自分でカラーリングすれば、お気に入りのカラーのブリキバケツも作れるので、DIYしてみるとまた違った雰囲気になりますよ!

デコバージュすれば、雰囲気のあるインテリアになる!

他の人とは違ったインテリアを演出したい!という気持ちがあるのであれば、ブリキバケツをデコバージュする方法もあります!100均には紙ナプキンもデコパージュ液も売っていますので、お気に入りの柄を貼り付けてみてください!オリジナルのレトロなブリキバケツができるはずですよ!

ステンシルを入れれば、カジュアルなカフェ風になる!

ペイントだけではちょっと物足りない人は、ステンシルを入れてみるのもまた楽しいですよ!ステンシルを入れるとカフェ風の雰囲気にもなるので、インテリアの雰囲気をカフェ風にしたい人は試してみてはいかが?

バーナーで焼くと、使い込んでいる雰囲気を出せる!

ブリキならではのアンティークな雰囲気をもっと出したい時には、バーナーで炙って、スチールウールで磨いたり、ちょっとヘコませたりすると、使い込んでいるブリキバケツ感が出ますよ! バーナーで炙るときにはバケツが熱くなるので、ヤケドをしないように気をつけてくださいね!

汚れも味になるのがブリキの魅力

ブリキバケツの良さはそのままでも古めかしくなっても、汚れていても魅力的に見える所ではないでしょうか?家の中だけでなく、野外でも錆なども気にせず使えるのでブリキバケツのDIYを楽しんてみてください!
Share:
yukota