DIY

たまったビンを可愛く便利に活用しよ♡ジャムの空き瓶のリメイク方法10選

食べ終わったジャムの瓶は、コロンとしたかわいい形のものが多く、なかなか捨てられないもの。ついつい家に溜まってしまったガラス瓶を活用して、おしゃれなインテリアにリメイクしましょう♪マスキングテープを貼ったり、ヒモで巻けばおしゃれな見た目の小物入れになります。中に入れる物によって、照明やスノードームにアレンジすることもできますよ。瓶を再利用してエコな雑貨を手作りしましょう。保存瓶の使い道をご紹介します。

ついついたまってしまう空き瓶をリメイクしよう

ジャムなどの保存食を買ったときに出る空き瓶は、とても愛らしい形をしたプロダクト。
捨てづらくてついついコレクションしてしまう人も多いのではないでしょうか? 今回は溜まってしまった空き瓶を活用するための、リメイク方法をご紹介します。

①マスキングテープを貼る

マスキングテープをビンの外側にペタン。
たったこれだけでとても可愛らしいビンに生まれ変わります。
マスキングテープでリメイクしたビンで、多肉植物や球根を育ててみましょう。
ほんのり透けるテープが可愛いですよ。

②リボンやヒモを巻く

リボンやヒモを巻く簡単な方法。
ボンドを染み込ませるとうまくいきます。
はぎれを巻いたり、貼ったりするのもおすすめです。
このように、ハンギングタイプのプラントハンガーにリメイクすると可愛いですよ。

③ペイントする

ビンにペイントすると、透明な素材とはまた違った質感を出すことができます。
子供に模様をつけてもらったものを、小物入れやペン立てに活用するとおしゃれですよ。

④フォトフレームをDIY

ビンの中に写真をいれて、曲面に飾るアイデア。
中には写真のほかに、撮った場所でひろったおみやげや、思い出の雑貨を入れてみましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa