DIY

いらないTシャツをリメイクしよう!Tシャツヤーンで作れるアイテム9選

くたびれてしまったTシャツや、子供が成長したなどしてサイズが合わなくなってしまったTシャツなどはありませんか? もう着ないとわかっていながら、捨ててしまうのはなんとなく勿体ない気がしますよね。そこで、そのTシャツを「Tシャツヤーン」に加工することをおすすめします! そして完成したTシャツヤーンを毛糸のように使って、様々なアイテムを作っていきましょう。今回はTシャツヤーンで作れるアイテムを9つご紹介していきます♪

まずTシャツヤーンってどういう物?

Tシャツヤーンとは、Tシャツの生地をひも状にしたものです。
いらないTシャツを使って簡単に作ることができるので、愛好家は多いようですよ。

100円ショップにも「Tシャツヤーン」として様々なカラーのものが販売されており、一部の店舗では品薄状態になってしまうぐらいに人気が高いんですよ♪

今回は、そんな大注目のTシャツヤーンについてお届けいたします!

Tシャツヤーン作成の手順をご紹介

100均で購入するのもいいですが、ここはやはり自作してみましょう。

1.まず、Tシャツの胴の部分を切り出します。
2.裾の部分が折り返してあるようなら、そこも切り落としましょう。
3.2cm~5cm幅で、切り落とさないよう等間隔にハサミを入れていきます。
4.きりの越した部分にナナメにハサミを入れて、紐状にしましょう。
5.紐状になったら、強く引っ張ればTシャツヤーン独特の両端が丸まった状態になります。

これでTシャツヤーンの完成です!

基本は編み物をする感覚でアイテムを作りましょう

完成したTシャツヤーンはどのように使うものなのかというと、毛糸と同じように編み物の材料になるんです!

編み方も毛糸と一緒でOK。
糸が太いので、小さなものならザクザクと短時間で編み終えることができます。
ざっくりとした雰囲気がいい感じですし、伸縮性のある生地なので編み目のアラも目立ちにくく、編み物初心者にうってつけの素材と言えるでしょう。

#1 お洒落なクラッチバッグはいかが?

可愛らしいクラッチバッグも、Tシャツヤーンで作れば温かみのある雰囲気になりますよ。
Tシャツヤーン製のバッグは、季節を問わずに使うことができるデザインになりますので、ファッションに合わせていろんな色のものを作ってみてくださいね♪

#2 紐をつければ肩掛けバッグにも!

Tシャツヤーンで作られたアイテムは、毛糸で編んだような温かみのある雰囲気になります。
しかし、しっかりギュギュッと編んでいくとカゴバッグのような印象にもなるんですよ!

そうすると、夏にも使えそうですよね。
写真のような爽やかな色合いで作ってみるとよさそうです♪

また、しっかり目に編むと、芯となる素材を入れなくても自立するくらいガッチリとしたバッグになりますよ!

#3 シンプルなヘアゴムにくっつけて

Tシャツヤーンで作った可愛らしいモチーフを、100円ショップなどでも購入することのできるシンプルなヘアゴムにくっつけて、オリジナルヘアゴムを作ってみましょう。

布素材で編まれた素朴な雰囲気が、小さな女の子にもぴったりではないでしょうか。
幼稚園のバザーやフリーマーケットなどに出すのにも向いていそうですね♪

#4 タッセルを作れば何にでも使える

Tシャツヤーンをたばねて、簡単にきれいなタッセルを作ることができますよ。

タッセルは鞄につけてもオシャレですし、小さく作ればピアスやイヤリングなどにも加工できます。
また、大きく作ればインテリアの装飾にも使えるなど、本当に万能の装飾アイテムなんです♪

Tシャツヤーンタッセルをたくさん作り貯めて、さらに色々なものに加工していきましょう♪
次のページを読む
1 2
Share: