DIY

100均素材で棚をDIY!安くておしゃれな収納グッズを作るコツとは?

100円ショップで売っている素材を組み合わせて、おしゃれな収納棚を手作りしたいと思ませんか?自分で作ればお部屋の雰囲気や、必要なサイズに合ったものが手に入りますよ♪家の中には収納が欠かせませんが、わざわざ棚を買うと高く、既成のサイズばかり。ですがDIYすればそんな問題も解決します!すのこや焼き網や金具を上手に組み合わせたり、ペイントして色と塗ったりと、安くおしゃれな棚を作るコツをご紹介します。

壁付け棚はL字金具やヒモを使って取り付けよう

image by PIXTA / 22232539

収納に便利な壁面収納は、DIY初心者さんでも意外と簡単に作れます。
一般的には板にL字金具を取り付けて、釘で壁に固定する方法があります。
強度もばっちりで、重いものも乗せられます。
また、輪にしたヒモを画鋲で差し、中に板を吊るようにして設置する方法もあります。
この場合重いものは乗せられませんが、軽いものをおしゃれにディスプレイするのに向いています。

すのこを組わせてラックを手作り!

ラックのような収納棚を作るには、100円ショップで売っている「すのこ」を利用するのが手軽でおすすめです。
すのこを5枚、計500円+税で、収納力のあるラックが手作りできますよ。

靴箱に使ってみよう

手作りした収納棚は、お家の色々な場所に置いて使うことができます。
部屋の中に置いて飾り棚にしたり、クローゼットの中に置いて服やストールを畳んで置く場所にもなります。
玄関先に置けば、靴箱としても使えますよ。

DIYならジャストサイズの家具が作れる!

またDIYのいいところは、必要なサイズの家具を手作りできる点にあります。
このように柱の横幅に合わせた棚を作れば、圧迫感のない収納スペースが生まれます。
また、このように隙間に合わせたグッズ作りも可能です。
こちらはすのこを使った傘立て。
のこぎりで切る必要がありますが、板が薄いので数分で切ることができますよ。

材料を組み合わせるとDIYが広がるよ!

image by PIXTA / 26152319

また組わせて接着するだけじゃなく、ペイントしたり、金具をつけたりするとDIYの幅が広がります。
このような素材も100円ショップで売っていることが多いので、店内を探しながら組み合わせを考えると楽しいですよ。

塗装やステンシルをしたり、金具を取り付けてみよう

例えばすのこの板をバラし、絵の具を使ってシャビーシックにペイントします。
さらにその上からステンシルすると、男前インテリア風のグラフィカルな板になりますよ。
その上からアイアンバーやアイアンフックを取り付けると、ひっかける収納グッズの完成です。
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa