インテリア

フェルトを切って丸めて簡単手作り☆春らしいコサージュの作り方♪

季節にあった華やかなコサージュが欲しいけれど買うとけっこうお値段が張るし、かといって作るのもなんだか難しそう…と思っている方は多いのではないでしょうか。そんな時に試してみたいのがこちらの「フェルトコサージュ」です! フェルト布を使ったコサージュは、端の処理をする必要もなく、非常に簡単に作ることができますよ。今回はフェルトを使った色々な形のお花の作り方と、さらにアレンジ方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

このハンドメイドに必要な材料

  • フェルト布(適量)
  • パールビーズ(適量)
  • コサージュピン(1つ)

このハンドメイドに必要な工具

  • グルーガン(1本)
  • 針と糸(1本)

お手軽にコサージュを手作りしよう!

image by PIXTA / 1701426

コサージュを作るのって、ハンドクラフトの中でもレベルが高そうな印象がありますよね。
しかし、フェルトを使った作り方ならその限りではありません。
主な材料であるフエルトや裁縫道具、装飾用のビーズなどを全て100円ショップで揃えてしまうことだって可能。
そうすれば材料費もさほどかからないので嬉しいですよね♪

それではさっそくフェルトコサージュの基本の作り方をお届けしていきます。
とっても簡単なので、ぜひ参考にして作ってみてくださいね♪

基本の作り方☆うずまきフェルトを縫うだけ!

まずご紹介するのはもっとも基本的なフェルトコサージュの作り方の手順です。

1.まずはお好みのフェルトを渦巻き状にし、はさみを使って花びらの形にカットしていきましょう。
2.内側の端(花びら状にポコポコとしていないほう)を並縫いしていきます。
3.全て縫い終わったらギュッと糸を引っ張って集め、まとめます。
4.お花の形になりますので、真ん中にパールビーズなどを縫い留めて完成です!

こんなに簡単なのに、きちんと綺麗なお花の形になるなんて驚きですよね♪

もっとボリューミーにすることも

もっと豪華でボリューミーなコサージュにしたいときには、もうひと巻き分大きくカットしましょう。
こうすれば、花びらがたくさんついたバラのようなコサージュを作ることができますよ。
緑色のフェルトを葉っぱの形にカットして、裏面にコサージュピンと一緒に貼り付ければ、とっても可愛いバラのフェルトコサージュの完成です♪

バラなら、赤やピンク、ホワイトなどがスタンダードですが、あえて不思議な色で作ってもGOOD。

ダリアのようなポンポンした花も!

1.細長くカットしたフェルトを二つ折りにし、並縫いしておきます。
2.折り目のついているほうに細かく切り込みを入れましょう。
3.縫った糸をギューッとまとめて縫い留めます。
4.華やかでキュートなポンポンしたお花が完成!

小さな女の子にもピッタリ合いそうな、大人っぽすぎない可愛らしいフェルトコサージュができましたね。
しかも、花びらの形にカットする必要がありませんから、基本の作り方よりもさらに簡単なんですよ♪

もっと簡単に作るならこの方法!

もっとイージーな作り方がいいなら、この方法がおすすめ。
フェルトを丸くカットして、大きい方から順に重ねていき、中心部部を糸で留めるだけなんです。
たったのそれだけで、こんなに可愛らしいお花が完成しちゃうんですよ! とってもシンプルな構造なので、和風のファッションにも似合うかもしれませんね。
試しにフェルトでコサージュを作ってみたいという人は、まずはこれから始めてみるのはいかがですか?

ちょこっとアレンジでクオリティアップ

花びらの形にきれいにカットするのはちょっと難しそうという人も、このように切れ込みを入れるくらいならできそうな気がしませんか?

異なる大きさの円形のフェルトを重ねるときに、このような切り込みを入れるとそれだけでもクオリティがグンとアップします。
葉っぱの形にカットしたフェルトにも、葉っぱらしい模様を刺繍するとさらに素敵ですね。
どちらにせよ、この作り方は非常に簡単ですから、ちょっとだけ手間をかけてみるのがオススメです♪

完成したら花冠にしちゃいましょう

小さな女の子がいるなら、こんな花かんむりのカチューシャを作ってあげると喜ばれますよ♪

作り方はもちろん簡単。
100円ショップなどで販売されているカチューシャに、グルーガンなどを使ってフェルトコサージュをたくさん貼り付けるだけでできちゃいます。
グリーンのフェルトを葉っぱの形にカットしたものもつけるとそれっぽいですね。
フェルトはとっても丈夫で扱いやすい素材なので、お子さんと一緒に作るのもステキですよ!
次のページを読む
1 2
Share: