DIY

シンプルな靴はリメイク!デコパージュで世界に1つだけのオリジナルシューズ作り♡

暖かくなってどこかに出かけたい気持ちになっている人も多いのではないでしょうか?そんな気持ちをもっと高めるために、歩くのが楽しくなるような靴をDIYしてみませんか?今回は、シンプルな靴をデコパージュする方法や注意点などを紹介します!オリジナルの靴が作れればきっとお散歩に出かけたくなりますよ!

デコパージュって?

紙や生地の絵を切り取って、デコパージュ液というコーティング剤で絵柄を貼り付けることができるクラフトです。
靴だけでなく、石鹸やバッグ、小物などにも加工することができるので、楽しんでいる人が多いんですよ!

用意するもの

●デコパージュ液 ●好きな絵柄が付いた紙ナプキンやデコパージュ用の紙 ●筆 ●筆洗い用の瓶など ●筆を拭く小さいタオル ●ハサミ ●デコパージュをするための靴 デコパージュ液やカワイイ紙ナプキンは100均などでも手に入れることができますよ。
靴はプチプラのファッションショップでシンプルなものを購入するのがオススメです!

どんなふうに作るの?

まず、靴のどの部分にどんな柄を入れるかを決めましょう。
紙ナプキンは水分を吸うために、何枚も紙が重なっているので、柄が付いている紙1枚にして、必要な柄の部分をハサミで切り取ります。
まず筆を水に入れて濡らしてから、余分な水気をタオルで拭きます。
デコパージュ液を靴にまんべんなく手早く塗って、切り抜いた柄を決めた配置通りに乗せてから、空気を抜いていきます。
そのうえからデコパージュ液を重ねて塗って、しっかりと乾かせば完成です!

作る時の注意点

紙ナプキンを重ねた状態で貼ってしまったり、空気を抜かずに貼ってしまうと剥がれの原因になってしまいます。
また、デコパージュ液をムラにならないように塗ったり、筆はキレイな状態で使うようにすると失敗が少ないですよ!

汚れた時には洗える?

デコパージュ液はコーティング材でもあるので、汚れにくいのも特徴です。
それでも汚れが気になってきた時には、水拭きをしましょう。
「どうしても洗いたい!」というときは、石けんを使って洗うこともできます。
ただし、強く擦ると模様が剥がれてしまうので、柔らかめのブラシを使って洗ってください。
よくすすいでから、乾かせばOKです。

洗う時の注意点

石けんでも洗えるという話をしましたが、洗う時に注意しなければならないのは、強くこすらないことばかりではありません。
つけ置き洗いや、お湯を使って洗うことも厳禁です。
乾かす時にも左右をくっつけてしまうと、剥がれなくなる場合があるので、離して乾かしてくださいね。

もっと靴を飾ってみよう!

貼り付けられるのは紙ナプキンばかりではありません。
春からトレンドになっているレースを貼り付けてみてもいいのではないでしょうか? 他にも接着剤でキラキラした飾りを付けてみたりしても可愛くデコレーションできますよ! 外に出るのがもっと楽しくなるように、靴も自分好みにアレンジしてみましょう!
Share:
yukota