DIY

首に巻くだけじゃなかった!今年のトレンド「スカーフ」の活用術5選!

今年ブームが来ているスカーフ。オシャレに敏感な人はどうやって使おうかワクワクしているかもしれませんね!でも、具体的にどんなふうにスカーフを取り入れたら良いのか…と悩む人に、結び方やファッションへの取り入れ方を紹介します!手持ちのアイテムのワンポイントとしても活躍するスカーフに大注目です!

スタンダードに首に巻く!

スカーフを首に巻くと言っても色んな方法があります。
同じスカーフを使っても、結び方や見える柄の部分によって印象が変わるのもスカーフの魅力です。
自分のファッションと合うものを選んでみてください。
街でスカーフを巻いている人をチェックしてみるのも勉強になりますよ!

ヘッドアクセサリーにしてもカワイイ!

オーソドックスな使い方としては、ヘアターバンのように結んでしまうこと。
髪の短い人も、長い人も使える方法です。
長い髪の人は、結び目にリボンのように付けてみたり、思い切って髪に編みこんでしまう方法もステキです。

バックに付けるだけでシンプルなバックが大変身!

パッグのチャームのように、スカーフを付けてみませんか?動くたびに揺れる感じもカワイイですし、シンプルなバッグも印象がガラッと変わるはずです。
他にもハンドル部分にスカーフを巻きつけてもGOOD!

スカーフをベルトに使う!

大判のスカーフならベルトとしても使うことができます!コートのベルトとして使うのもカッコいいですが、デニムに合わせたりしても差し色になってステキですよ!

手首に巻いてバングル風に

小さめのスカーフを手首に巻いて、バングル風にすることもできます。
スカーフを大胆に使うのは難しいと思っている人にも、手首に巻くことからなら始めやすいのでは?グルグル巻いて、固結びをして形を整えるだけなので簡単にできますよ!

帽子のアクセントに

スカーフを巻けばいつもの帽子もステキに変わります!今までタンスの肥やしになってしまっていた帽子もスカーフを付ければ、また使いたくなる帽子に変わるかもしれませんよ!

まとめ

スカーフもクローゼットの奥にしまいこんでいて、全然使えてなかったという人もいるかもしれませんね。
「不器用だから上手に結べない…」と悩む人には、スカーフリングを使うという手段もあります!スカーフがブームの今、使わなければもったいないですよ!
Share:
yukota