DIY

耐震・免震・制震、って何が違うの?イマサラ聞けない3つの違い!

「耐震・免震・制震」って良く聞くけど、実際のところ何が違うの?イマサラ人に聞けない感じで、世の中には溢れています。春の季節で引っ越しシーズンになってきたので、新しくお部屋を借りる人、新しくお家を買う人、地震が不安な人、リフォームを考えている人、知っていた方が便利です。イマサラ聞けない耐震・免震・制震の違いは、意外と簡単なので覚えておきましょう。耐震・免震・制震は、いったい何が違うの?

耐震・制震・免震って何なの?

一般的な建築の構造形式には耐震構造・制振構造・免震構造があります。
それぞれの構造形式の違いから、地震の揺れ方が違うんです。
それぞれ構造別に見ていきましょう。

耐震構造って?

image by PIXTA / 13329883

耐震っていうのは、読んで字のごとく地震に耐える構造のことです。
太く頑丈な柱・梁で建物自体が地震に対して踏ん張って動かないようにしています。
  (メリット) ・強風(台風)で揺れない ・地下室の設置制限がない ・軟弱地盤でも建築OK (デメリット) ・地震のたびに建物が損傷 ・家具の転倒が多い ・地震の揺れが直接伝わる

制震って何?

image by PIXTA / 22603767

制震構造は、エネルギー吸収するダンバーを建物内に設置して、揺れを軽減する構造です。
(メリット) ・強風(台風)で揺れない ・建物は損傷しない ・家具転倒が軽減される(2階以上) (デメリット) ・設置コストがかかる ・後付けで制振構造にした場合は効果が半減 ・追加工事に向いてない

免震ってなに?

image by PIXTA / 23627368

免震構造は、建物に揺れを伝えない構造です。
建物と地盤の間に積層ゴムの装置を使い揺れを軽減しています。
(メリット) ・建物損傷が皆無、軽微 ・震度7が4に軽減される ・家具転倒しない (デメリット) ・強風(台風)で揺れる ・設置コストが高額 ・地下室設置はNG

まとめ

image by PIXTA / 23798632

耐震・免震・制震は、全て違う構造でした。
地震対策の住宅選びには、コスト面にも注意しましょう。
コスト 低<高 耐震<制震<免震 安全性 低<高 耐震<制震<免震 国・自治体は積極的に地震対策を行っています。
改修工事に関わる費用補助、改修促進税などの適用があるので、最寄りの自治体に確認してみましょう。
Share:
MrsAida