DIY

大切な人贈りたい!思い出に残るとっておきの寄せ書きアイデア♡

卒業や転勤など、お世話になった人たちと離れる季節が近づいてきました。今までお世話になったお礼に寄せ書きを送った経験がある人も多いのではないでしょうか?せっかく贈る物なのですからカワイイ色紙を選んでみたり、オリジナルで作ってみたり、印象に残るものをプレゼントしてみませんか?

文字だけの色紙じゃちょっと味気ない?!

「色紙に文字を書くだけではオリジナリティが出せないなぁ」と思いませんか?似顔絵が得意な人であれば、贈る人の似顔絵を描いてみたり、その人が好きな物を描いてみたりするとオリジナルの寄せ書きになります! 色紙に似顔絵を描いてくれるサービスを行なっている所もあるので、お願いしてみる方法もありますよ!

DIYで色紙を飾ってもカワイイ!

絵が得意じゃない人は、ハートや星、花の形にカラフルな紙を切って、そこにメッセージを書いてもらって、色紙に貼り付けてみてはどうでしょうか?100均などにはさまざまな模様の紙がありますし、形を工夫すると可愛らしい雰囲気にもなりますよ!

音楽が好きな人にはこんな寄せ書きはいかが?

贈り相手の趣味に合わせた色紙を使うのも喜ばれるはず!これだけお洒落な色紙だと、そのまま飾れそうですね!

部活に合わせて柄の付いた色紙を選んでみませんか?

柄の付いた色紙では、サッカーやバスケットボール、テニス、野球など、ボール型の色紙などもあります。
部活やクラブの先輩に向けてこういったものを選んでみても良いのではないでしょうか?

寄せ書きカードもデコレーションすれば、もっとカワイくなる!

シンプルな色紙しか手に入らなかった時にも、色紙に貼るカードをデコレーションすれば、華やかな雰囲気になりますよ!リボンを付たりマスキングテープなどで色々飾ってみましょう!

色紙にこだわらない方法も!

もういっそのこと、色紙から離れた寄せ書きを作ってみませんか?可愛らしいお気に入りの瓶に色鮮やかなメッセージカードを入れて贈るのも新しいですよ!一つ一つ開けるのも楽しみですし「寄せ書き=色紙」の固定概念を覆す寄せ書きなので、バッチリ印象に残るはず!

まとめ

いかがでしょうか?ちょっとアレンジをするだけで、思い出に残る寄せ書きができることを分かってもらえたのではないでしょうか? お世話になった人に少しでも感謝の気持ちが伝わるように、寄せ書きにもこだわってみましょう!
Share:
yukota