DIY

卒業入学シーズン!プリザーブドフラワーでコサージュをDIYしよう!

プリザーブドフラワーを知っていますか?生花を加工したもので、造花にはない瑞々しい雰囲気と保管に気をつければ、何年も水も必要なしで美しさが保てる人気のアイテムです。最近ではウェディングブーケをプリザーブドフラワーで作り、記念として残している人もたくさんいます!そこで卒業、入学のおめでたいイベントに向けて華やかなプリザーブドフラワーのコサージュを作ってみませんか?

プリザーブドフラワーってどんなもの?

結婚式のブーケなど思い出として取っておきたい花束に利用されることが増えているプリザーブドフラワー。
名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?一般的なナチュラルドライフラワーと違い、発色がキレイで瑞々しいこと、その状態が長く続くのでとても人気があります。
プリザーブドフラワーの魅力でもあるのが、自然界では作れない真っ青なバラやレインボーカラーの花も作れてしまうこと!「こんな色の花があったらステキだな」が実現できちゃうんですよ!

プリザーブドフラワーの作り方

実はプリザーブドフラワーは必要なものを揃えてコツさえ掴めば、自分で作れるんですよ! プリザーブドフラワーは、簡単に作れる溶液が販売されています。
「プリザーブドフラワー液」などで検索すると、たくさん販売されているのが見つかるはずです。
まずは、プリザーブドフラワーにしたい新鮮な生花を用意します。
そして花の付け根から1センチぐらいを残し、茎を切ります。
そして、ピンセットを使って茎の部分を持ち、脱色する液、その後着色する液にそれぞれの液の説明書に書いてある時間漬けた後に乾かすだけです!最近では一つの溶液に付けて乾かすだけで作れるものもありますので、興味があれば試してみてはいかがでしょうか? 今回はコサージュを作るので必要無いですが、ブーケなどを作るときには針金とフラワーテープで茎部分を作る必要があります。
ブーケなどにも興味のある人は調べてみてくださいね。

ここに気をつけておくと仕上がりがキレイになる!

プリザーブドフラワーを作る時にちょっと気をつけておくだけで仕上がりが変わってくるポイントを紹介しましょう! まず、脱色液と着色液はしっかり花が浸かる量を入れることです。
脱色がしっかりできていないと思った色に染まらなかったり、着色液が少ないと色ムラができてしまうこともあります。
「脱色液や着色液を節約したい」と思ってしまうのは分かりますが、キレイに仕上げるためにもきちんと適量を使うようにしましょう! もう一つ注意しておきたいのが乾かし方です。
花が倒れないように水を含んでいないオアシス等を使って、花の形が崩れないように乾かしましょう。

コサージュを作るのに必要な道具

プリザーブドフラワーを作ったら、それをコサージュにしましょう。
コサージュを作るための道具は以下の通りです。
●コサージュに使いたいプリザーブドフラワーやチャームなど ●ピンの付いた台座 ●グルーガン ●ピンセット グルーガンは花をしっかり固定するのに使います。
ピンの付いた台座やグルーガン、ピンセットは100円均一でも手に入るので、探してみてくださいね。
グルーガンで接着してしまうとやり直しが難しいので、まずはどんな配置にするのかをシュミレーションします。
色の配置やチャームの位置を決めてから接着すると失敗は少ないですよ。

プリザーブドフラワーを長持ちさせるために気をつけるべきこと

プリザーブドフラワーを長持ちさせるには保管の仕方に注意が必要です。
プリザーブドフラワーは長期間直射日光にさらされると退色してしまったり、強い衝撃には破損することもあります。
使わない時には箱に入れて、直射日光が当たらない場所にしまっておくようにしましょう。

他にも作れる物がたくさん

プリザーブドフラワーはコサージュだけでなく、他にもたくさんのステキなものに活用できます。
例えばリースやブーケ、アレンジメント、髪飾りや花冠など挙げればキリがありません。
華やかで自分好みの物が作れるので、ぜひプリザーブドフラワー作りとアイテム作りを楽しんでみてください!
Share:
yukota