DIY

『ウッドバーニング』リメイクなら落ちない!焼きごてで木に絵を描こう♪

ナチュラルな木製の雑貨は、カフェ風インテリアや北欧の家具とも相性が良く、とってもオシャレ。100円ショップでも売っているウッドスプーンや木製まな板を「ウッドバーニング」という手法を使ってリメイクすると、もっと可愛い雑貨になりますよ♪焼きごてを使って木に絵を描く方法で、水や洗剤で洗っても落ちず、インクを使わないのでとっても衛生的なんです。電熱ペンでオリジナルのウッドインテリアを製作を始めましょう♪

焼きごてで「ウッドバーニング」を始めよう!

100円ショップで売っている「焼きごて(電熱ペン)」を使ったことがありますか? 気軽に手に入る焼きごてを使う「ウッドバーニング」というリメイク方法を取り入れれば、木製の雑貨を誰でも可愛くリメイクできるんですよ♪

こんな風に製作するよ♪

やり方は簡単。
下書きの線を書き、はんだごてを使って上からなぞるだけ。
これだけで、焼き焦がしながら木製雑貨に絵を描けちゃうんです!

可愛いペンやコースターが作れちゃう!

焼きながら線を書くので、もちろん水や洗剤で洗っても落ちません。
衛生的なので、口に入れるスプーンも安心してリメイクできますね♪
上手に絵を描く自信がなくても、絵を描いた紙の裏を鉛筆やクレヨンで塗りつぶして、その上から線をなぞれば転写することができます。
長く使っても絵が薄くなることがないので、プレゼントにも最適です! コースターとスプーンをセットにして贈ってもいいですね。

木製のものならなんでもリメイクできる!

キッチン用品以外も、もちろんリメイクできます! いつも持ち歩く木製のブラシも、こんな風に絵が入っていたら愛着がわきそうですよね。

オリジナルインテリアをDIYしてみよう♪

板に絵を描いて、立てかけるだけのインテリアアート。
ペンや絵の具で描くよりも、よりプロっぽい仕上がりになりますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko