DIY

女性でも楽々使える!北欧発のガーデンツールFISKARSって知ってる?

ガーデニングをする上で欠かせない「剪定」。植物を健康に育てるためにも定期的に行う必要がありますよね。「枝切りが力仕事で大変」、「水やりを楽にしたい」なんて思いをしたことがある方もいるのでは?そんな方にオススメなのが、北欧フィンランド発の刃物メーカー「FISKARS(フィスカース)」のガーデンツール。シンプルなデザインからは想像できない使いやすさとパワーで女性やお年寄りでも手軽に剪定ができるんです!

「FISKARS(フィスカース)」って?

「FISKARS(フィスカース)」は1649年に創業した北欧フィンランドの刃物メーカーです。
首都ヘルシンキから西方85kmに位置する「フィスカルス村」で誕生し、切れ味がよく使いやすいはさみの代名詞として、世界中の人々に愛されているんです。

他のはさみと何が違うの?

フィスカースはオレンジハンドルのはさみとして知られていますが、その特徴は「軽量」そして「使いやすい」の一言に尽きます。
30年以上前から人間工学に基づいたデザインを取り入れ、持ちやすく力が伝わりやすいフォルムを追求し、刃にはメスに使われるほど切れ味がよい素材を使用することで、女性やお年寄りでも手軽に剪定ができることが人気の理由なんです!

負担が少ないのにパワーは3倍!

剪定をしていると「手が疲れる」や「握力がなくなる」という経験をしたことはありませんか? フィスカースの「ハンディーギアプルーナ」は世界特許のパワーギアという複数個のギアを組み合わせる仕組みを採用することで、パワーの伝達率が従来の剪定ばさみと比べ、なんと約3倍にも! しかも手にかかる負担も少なくなり、疲れにくくなっている優れものなんです!さらに手の負担を減らすために、ハンドルを回転させることで、全ての指を使って力を加えることができちゃいます。

簡易のこぎりvsフィスカース!!

実際にスタッフが30秒間で何本の枝を切れるか検証してみたところ、簡易のこぎりが3本に対して、フィスカースのパワーギア40は22本で7倍の差をつけ勝利! 庭に樹木が多い方であればあるほど、この差は大きいですよね!

正しい剪定ツールの選び方を知ろう!

「どの剪定ばさみを選べばいいのかわからない」という方のために、わかりやすくそれぞれのツールの特徴が紹介されている動画があるので、正しい剪定ツール選びの参考にしてみてください。

ジョウロまですごい!

フィスカースははさみだけじゃなくジョウロまでスゴイ!10Lの大容量なのにアームを両手でスライドさせることで体への負担を軽減してくれます。
女性だと重くて小分けにしなければならなかった水やりも、これなら回数を減らすことができ、足腰に不安がある方でも手軽に使うことができますね! しかもジョウロの口を回すことで、シャワーとストレートの切り替えが可能なのも、さりげなく便利です!

剪定がラクになればガーデニングはもっと楽しくなるね!

剪定は植物の成長を促すために必要なことです。
余分に生えた枝を取り除くことで見た目をきれいに整えるだけでなく、光合成をしやすくしたり、風通しをよくしたり、養分を効率よく行き渡らせることができます。
また病気にかかった枝などを剪定することで、病気の予防にもなります! 定期的に行うものだからこそ、できるだけ負担が少なくなれば、ガーデニングはもっと楽しくなりますよね!
Share:
takasho