DIY

断熱・結露防止になる!プラダンとサッシで二重窓(内窓)を簡単DIY♪

雪の降る地域の窓辺に取り入れられている二重窓は、結露の防止効果があり断熱性がバツグン。お部屋の保温効果があります。そんな二重窓・内窓を、ホームセンターで売っているプラダンを使って簡単にDIYできるんですよ!隙間風を防ぐので風邪予防にもなり、暖房機器を使わなくても十分に暖かいので電気代の節約にもつながります。激安に自作できるので、ぜひご自宅に取り入れてみてください。二重窓の作り方をご紹介します♪

二重窓があると暖房を入れなくても暖かい♪

隙間風が入る窓辺は、お部屋の他の場所よりも気温が低く冷たく感じます。
冬の時期は二重窓があると、暖房を入れなくても暖かく過ごせるので電気代の節約になります。
寒さによる結露防止にもなるので、ぜひ取り入れたいですよね。

二重窓は自作できる!

実は、二重窓はホームセンターで手に入るプラダン(プラスチックダンボール)で手作りできるんです。
みんな意外と自作しているので、隙間風による風邪が心配な人はぜひチャレンジしてみましょう。

材料はプラダンとサッシ

必要な材料は、プラスチックダンボールと、電子機器のコード収納によく使うレール。
レールを窓辺につける両面テープと、プラダンを切るカッター、カッターマットが必要です。

作り方

①窓のサイズに合わせてプラダンを切ります。
②上下にレールを取り付けます。
これだけで開閉する二重窓が完成します! 簡易的なものですが、部屋の暖かさの違いにビックリしますよ。

木枠だとオシャレだよ♪

さらに木枠を取り付ければ、まるで本物の窓のようになります。
実際に取り付けるとこのようなイメージになります。
半透明のプラダンなら窓の外からの目隠しになるのでカーテン要らず。
陽の光の入る、明るい部屋になりますよ!
次のページを読む
1 2
Share:
kurokimisa