DIY

布用ボンド『裁ほう上手』があればミシン要らずで通園グッズが作れるよ♪

子供の入園や入学時に、指定の作りの通園バッグやひも付きタオルを各家庭で用意するもの。ママが手作りするように言われますが、ミシンが家になかったり、針と糸を使ったお裁縫が苦手な人にはとっても大変…!そんな時におすすめなのが、木工用ボンドで有名なコニシの布用接着剤『裁ほう上手』というグッズ!針と糸の代わりになる手芸用のりです。バッグも作れて、名札やポケット、アップリケがたったの数秒でくっつけられますよ♪

ミシンがなくても通園グッズが作れる!?

カバンや巾着などの通園・通学グッズは、各家庭の手作りであることが多いですよね。
針と糸を使うのが苦手な人や、ミシンが家にない人でも「裁ほう上手」という布用の接着材を使うと、簡単に手芸ができるんです。

こちらが噂の「裁ほう上手」

「裁ほう上手」は、お裁縫のスキルがなくても簡単&時短に布製グッズが手作りできる接着剤。
乾くと透明になるのではみ出し部分が目立たず、洗濯やドライクリーニングにかけてもOK! なので、洗濯が必要な体操服の名札付けや手作りの巾着袋にも使えます♪ なんでこんなに便利なのかというと、裁ほう上手は幼稚園や保育園、小学校の入学を控えたママたちの声から誕生した商品だからなんです♪

こんな風に使えるよ

普通のボンドのように、接着したい部分に裁ほう上手をくっつけるだけ。
名札・リボン・レース付けに活用したり、ズボン・スカートのスソ上げにもとっても便利なグッズなんです。

アイロンを使えばさらに強力に接着できる!

裁ほう上手を塗ったあと、さらに当て布をしてアイロンの中温140~160℃で約15秒から20秒圧着すると、強度と接着スピードが大幅にアップします。
手間も時間も短縮できるので、忙しいママでも空いた時間を活用して子供の通園グッズを作れますよ♪

こんなグッズが針と糸要らずで手作りできる♪

子供が使う巾着袋や通園バッグ、ポーチが裁ほう上手だけで手作りできます。
チャックの取り付けも簡単ですよ。
ボンドで接着することによって縫い目がなくなるので、キレイな見た目に仕上げることができます。
裁ほう上手は17g入りのものなら、400円前後で買うことができます。
ミシンを一台買うよりも、ずっと安いですよね。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko