DIY

組み合わせ自由自在!自分だけのタッセルピアスをハンドメイドしちゃおう!

毎日変わる服装に合ったピアスを買い揃えるのはちょっと大変ですよね。そこでピアスをDIYしてみませんか?タッセルならコツをつかめば洋服に合わせてさまざまなパターンが簡単に作れます!使う色だけでなく、素材も変えればまた雰囲気も変わってステキですよ!ゆらゆら揺れる可愛いタッセルピアスを早速作ってみましょう!

まずはシンプルな単色のタッセルピアスから作ってみましょう

あなたの好きな色は何色でしょうか?まずは、その好きな色1色でタッセルを作ってみましょう。
タッセルには色んな素材のものがありますが、まずは手に入れやすい刺繍糸で始めてみませんか? まず、できあがりイメージのタッセルの長さより少し長めの厚紙を用意し、厚紙に刺繍糸をぐるぐると巻きつけます。
ボリューミーにしすぎると、タッセルがボンと膨らんでしまうので注意しましょう。
糸の上部をきつめに結び、結んだ反対側をハサミで切ります。
厚紙を外して絞り部分を付け、最後に毛先を揃えれば、タッセルの完成です。

アクセントを加えると印象がガラリと変わる

タッセルだけのピアスも可愛いですが、アクセントがつくとまた印象が変わります。
例えば、メタルなチャームを足してみたり、タッセルの上にビーズを挟んでみたりするだけで、シックにもカジュアルにも振ることができますよ!

複数の色を合わせたタッセルで華やかに

何種類かの色を組み合わせたタッセルは、華やかな雰囲気になります。
お気に入りの洋服の組み合わせがあれば、そのコーディネート専用のタッセルピアスを作ってみるのもオススメです。
色を複数混ぜてタッセルをつくる時のポイントがあります。
それは「色の配置を調整すること」です。
しっかり均等に色が混ざって見えるようにするのもいいですし、あえて偏りを作るのもカッコよく仕上がります。
どちらにするにせよ、タッセルの色の配置にこだわってみると仕上がりが自分のイメージに近くなるはずです。
また、ピアスは左右で付ける場合が多いので、左右対称になるように注意しましょう。

素材を変えれば、また違う雰囲気に

タッセルは色々な素材で作ることができます。
例えば、スエードやシルク糸、毛糸、リボンや革、チェーンなど細長い紐状のものを使えばタッセルを作ることができるのです。
同じ色のタッセルでも、素材が違うだけで印象が大きく変わりますよ!

長さを出せばインパクトもバツグン!

タッセルの魅力といえば、可愛く揺れる所を挙げる人も多いのではないでしょうか。
短いタッセルは揺れ幅が小さいので、可愛らしい雰囲気がありますし、長いタッセルは華やかでエレガンスな印象を与えます。
自分好みの揺れ方になるように、タッセルの長さを試行錯誤はいかがでしょうか?

アイデア次第でステキなタッセルピアスが作れる!

最後にタッセルピアスをつくる時のポイントをおさらいしておきましょう。
●色 ●チャーム ●配色 ●素材 ●長さ この5つをアレンジすれば、世界にただひとつの自分好みのステキなオリジナルタッセルピアスを作れます。
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!
Share:
yukota