DIY

ビオガーデンって知ってる?自然と暮らす「癒し」と「教育」の空間を作ろう

ビオガーデンという庭の作り方があることをご存知ですか?これはただ庭を作るということではなく、野生生物が生息できる場所として庭を作るという方法です。一般的な庭とは違い、そこに生態系が生まれることで、子供の教育につながり、大人にとっても癒しの空間になります。今回はこのビオガーデンについてと作り方のポイントをご紹介します。

ビオガーデンって、なに?

「ビオガーデン」とは、“生き物の住む場所”という意味を持つ「ビオトープ」と、「ガーデン」を組み合わせた造語です。
このビオガーデンを意識して庭を作ると、昆虫や鳥、魚や植物が生息し、自然と共生する場所になります。
このような空間では動植物の成長を子どもに伝えることもできるので、子どもの情操教育にも繋がります。

ビオガーデンの作り方

ビオガーデンを作る上で、最も重要なことは「水」です。
水のある空間を作ること水草やコケ、ムシ、菌類などが生き、それにより魚などが生息するようになります。
また植栽は苗を1株ずつ並べて植えるのではなく、まとめて植えると自然な雰囲気になります。
岩などの縁にも植栽を植え、コケ類などを使うと全体のバランスがとれ、よりよいものになります。

水の空間を作るポイント①: 水中ポンプを使う

水は循環をしないと汚れてしまうため、水中ポンプを使い水の流れを作りましょう。
そうすることで浄化作用が働き、きれいな水を維持することができます。

水の空間を作るポイント②: 噴水を使う

水中ポンプ+噴水で水に更に動きを与えましょう。
また噴水を使うことで水中に空気を供給することができ、水が腐りにくくなります。

水の空間を作るポイント③:景石を置く

形のよい石を配置して全体のバランスをより自然にしましょう。
メダカなど小動物のすみかにもなるため、生き物が生活しやすくなります。

ビオガーデンでやすらぎの空間を!

ビオガーデンにより自然の循環がうまく機能し、水・空気・光を取り入れることで、私たち人間にとってくつろぎの空間にもなります。
生命の輝きと営みに子どもたちは感動し、大人たちは心を癒やします。
ぜひ、ご自宅の庭をビオガーデンにしてみませんか?
Share:
takasho