DIY

100円ショップシャンデリア?!バタフライシャンデリアの作り方と5つのアレンジ

照明の周りに蝶々が集まっているかのような”バタフライシャンデリア”という名作インテリアを知っていますか?本物のバタフライシャンデリアはとても高いお値段ですが、ダイソーやセリアなどの100円ショップで手に入る素材を使ってDIYすれば、安く手に入りますよ。折り紙で折った蝶々やリボンを活用して、自分なりに手作りする楽しさもあります。オリジナルのバタフライシャンデリアを天井に吊るして、お部屋をエレガントに演出しましょう!

【作り方】憧れのバタフライシャンデリアを手作りしよう

スペインのリヤドロの作品「ナイアガラ」という照明を知っていますか?蝶々が舞っているエレガントなデザインで、価格はおよそ200万円前後。
買ったら高いバタフライシャンデリアですが、100円ショップで売っている素材を活躍させることで、オリジナルのデザインのものを手作りすることができます。
紙やリボンを使って自分なりのバタフライシャンデリアを作って吊るすと、とっても可愛いんですよ。
他のインテリアの色味と合わせると、統一感が出てオシャレですね。

それでは、早速作り方をご紹介してまいります。

作り方1:材料に100均の刺繍枠を活用!

例えば100円ショップでも売っている刺繍枠を活用します。
吊るすことのできる素材であれば何でもいいですが、基本形を作るのであれば、輪っかになっているものであれば何でも大丈夫です。
重さや使い勝手を考慮し、使いやすい例として今回は刺繍枠を提案します。
あとは切り絵で作った蝶々をヒモに通して吊るすだけ。
これなら刺繍枠代と紙代程度のお値段で作れてしまいそうですね。

作り方2:蝶々を折り紙でオリジナル感を出そう

人気の折り紙を使って、立体的な蝶々を手作り。
家にある素敵な包装紙や厚紙なども活用できそうですね。
最もメインとなり、目につく場所ですので、蝶々の部分はこだわりたいところです。
いくつか作ったあと、針を使って糸やテグスを通せば簡単につなげられます。

作り方3:最後にリボンなど吊るしてガーリーな仕上がりに

刺繍枠をリボンで吊って、天井に取り付ければ完成!このときに使うリボンも工夫できそうですね。
電球の照明に取り付ければ、本物のバタフライシャンデリアのようになりますよ!燃えやすい素材を使うことが多いので、発熱の少ない照明に使うようにしましょう。

1.枠の部分をアレンジしよう

刺繍枠に代わりに、丸く形作ったワイヤーをテープでグルグル巻きにして構造を作る方法もあります。
レースなどのリボンを使うとふんわり感が増してよりガーリーな仕上がりになります。
吊るすリボンを統一してもかわいいですね。

蝶々の飛んでいる糸を長くすると、ゴージャス感が増しますよ。
ビーズやオーナメントを追加すればさらに豪華に。
基本的には軽めの素材を選んだほうが安定して飾ることができるでしょう。

2.色づかいを工夫してみよう

メインになるカラーを決めて、上から下へ濃淡になるようにグラデーションを作ると、下から見上げたときに空に羽ばたいているイメージが強くなります。
もともとゆらゆらと揺れる動きのあるアイテムではありますが、揺れていない時も動きが見えて、かわいいですよ。
お好みに合わせてコーデしてみてください。

3.形を変えてみよう

また、こんな風にボール型にするのも面白いですよ!真ん中にLEDのライトを入れるとオシャレなランプシェードに早変わりです。
月に蝶々が集まってくるような美しさがありますね。
外側に造花をアクセントとしてつけてもかわいくなりそう。
先ほども述べましたがくれぐれも燃えないように気をつけてください。
次のページを読む
1 2
Share: